札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 28日

野幌森林公園を散策

一般にかんじきと呼ばれる日本式の物と違い、アトラス社製のスノーシューは雪面から
足を浮かすと同時に本体のつま先が靴の先よりも上に跳ね上がる構造になっている。

そのため、10㎝程度足が雪に埋まるような状態でも、意識的に膝を持ちあげなくとも
楽に足を前に運ぶ事が出来る。

これが長靴だとどうだろう。スノーシューで10㎝埋まるとしたら、長靴だと膝まで
雪の中に沈んでしまう事になる。
そうなると、前へ進むのは容易では無い。そんな状態で1時間も歩けば相当に体力を消耗する。

多くの人が歩いた踏み跡をたどって進むなら、道路を歩くのと変わりは無いが、誰でも
見て居る風景しか目に入って来ない。

雪の中を歩く醍醐味は、足跡の着いて居ない雪面を進む事もその一つだと思う。


樹脂(樹液?)のツララ
a0114629_1743564.jpg


こんなツララも、遊歩道脇に有ればポキリと折られて居るんだろうな~
[PR]

by jusokita | 2011-02-28 17:07 | 北海道の季節 | Comments(2)
Commented by mamu43 at 2011-02-28 22:22
今日は朝とってもシバレて居て日中は暖かでした。

つらら落ちちゃわないでしょうか?
明日から三月ですね・・・
春も近い^^
Commented by jusokita at 2011-02-28 23:42
>mamu43さん

海岸は少し風があってちょっと寒かったです。

コレ、きっと樹脂だと思うんですよ。先の細い部分は
弾力が有るのかプラプラと風に揺れてました。


<< 石狩      野幌森林公園を散策 >>