札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 28日

美瑛 2

夏至を過ぎて間もない今、午前0時を過ぎ、2時頃には東の地平線は暗闇から薄明かりが出始めると言う。

その様子を未だ見た事は無い。

美瑛、一泊の翌朝は3:30に起床。 と言うより、セットしたアラームが鳴る直前に目が覚めた。
目に入ったのは、既に明るくなった空と、オレンジ色に光る東の空の色だった。


慌ててカメラと三脚を準備し、駐車場の傍に有る展望台を見ると、既に先客が居た!



朝陽を受ける十勝岳連峰の残雪 (左・美瑛富士、 右・美瑛岳)
a0114629_20385042.jpg



秒刻みで変化する夜明け前の風景。
その様子をファインダー越しに見て居ると、つい一か所に釘付けになってしまう。
ふと、視線を反らし別な方向を見ると、またそちらにも日中にはけっして見る事の出来ない
風景が出現して居るのだ。

そんな、目まぐるしく変わって行く夜明けの風景。
それを目の前にして立って居られる時間が、この上なく快感なのだ!


朝の陰影
a0114629_20484532.jpg



夜明けと共に光を追いかけ、美瑛の丘を駆け巡り、撮りまくること10時間。

美瑛3 に続く。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2011-06-28 20:55 | 北海道の風景 | Comments(2)
Commented by mr_futchan at 2011-06-28 23:12
僕もその先客、いやいや後客でもいいから
行ってみたい。
低く立ちこめた雲がいいですね。
畑のカーブ、陰影が素晴らしいです。

美瑛富士、原始ヶ原と登ってみたくなります。
Commented by jusokita at 2011-06-29 07:38
> mr_futchanさん
低く白い雲は、徐々に街を覆っていく様子が面白かったですよ。
陰影は、朝夕だけの風景ですね(^^)

今年、来られそうですか? 


<< 美瑛 3      美瑛 >>