札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 30日

美瑛 4

パノラマロードをグルグル走っているうちに、「哲学の木」の裏側に出た。

そして、表に回るとやはり沢山のカメラマンが~

この木は、空の色や綺麗な雲、朝夕の光を待たない限り、どのアングルから狙っても、誰もが撮る絵になりがち。



100mほど横移動しながら、撮ろうか止めようか迷ってると、農家の夫婦が木のそばに現れた。


哲学の木と夫婦
a0114629_14353358.jpg


こうして見ると、意外に木が大きいと分かった。
広い畑にポツンと立って居ると、比較対象が無いので、その大きさが分からないのだ。


誰が名付けたのか、哲学・・・・・・。 
少し傾いて居て、考え事をしているように見えるのが、その由来らしいが。
私には、近くに拓真館が存在する事も、その理由のひとつと感じる。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2011-06-30 14:42 | 北海道の風景 | Comments(2)
Commented by mamu43 at 2011-06-30 22:38
哲学の木の側って歩けるんですか?
冬が多いから道路からって印象でした。

今日美瑛へ行きましたが・・・やはり一人で無くはダメのようです・・・
Commented by jusokita at 2011-07-01 07:39
>mamu43さん

私は(他の人も)、道路からですよ。
写真で歩いて居るのは、農家の方です。畑の真ん中ですから~

やっぱりそうですね。一人が一番です。
でも、同僚の方は楽しめたんじゃないですか?mamu43さんのおかげで(^^)


<< 美瑛 5      美瑛 3 >>