2012年 01月 13日

冬の道東一人旅・4  12/1/7

浜中町・霧多布を離れ、途中にムツゴロウ王国に立ち寄って、風蓮湖方面へ北上。

目指したのは野付半島・尾岱沼。
めまぐるしく変わる空模様に、ちょっとウンザリ(-。-;)
眩しいほどに陽が差したかと思えば、急に暗くなり横殴りの雪が吹き付ける・・・・
過去の2度も同じだった。 野付半島特有の冬の天候なんだろうか?


見渡す限り寂しい風景    野付半島
a0114629_165619100.jpg




     続く電柱と一本道   そして愛車ハイエースバン
a0114629_16573318.jpg




     野付半島にも多くのエゾシカが居る
a0114629_16583927.jpg





     海を見つめるエゾシカ (拡大可)
a0114629_17027.jpg



冬の日本海側沿岸でも、稀にオオワシやオジロワシを目撃することは有るが
オホーツク海ともなれば至る所で、その姿を見ることが出来る。
冬にカムチャッカ半島などから渡ってくるが、戻らずに夏も居付く個体も見られるらしい。(地元民談)



     電柱に留まるオオワシ    札幌だとカラスですね(笑
a0114629_1785888.jpg





     逃げるオジロワシ
a0114629_1795921.jpg



昨年は、木に留まっているオオワシやオジロワシを撮るために、木の下からレンズを向けても
なかなか逃げない場面が多かったのに、何故か今回は何処でもすぐに逃げられた。




     オオワシと尾岱沼の夕景
a0114629_1714157.jpg




オオワシやオジロワシ、共にメスのほうが大きいらしい。
羽根を広げた巾は、220~250㎝と、その翼長の大きさはタンチョウにも劣らない。
そのものを自然の中で見ても、比較できるモノが無いのでその大きさの実感が湧かないのだが
時々、カラスが横に居たりすると、如何に巨大かがよく分かる。



この日は、冷えた体を野付温泉で温め、野付の町から少し北上した道の駅で車中泊。
この道の駅のトイレはキレイで素晴らしい! 
暖房の効いたトイレは冬でも暖かく、しかも手洗いには温水設備も付いていて顔を洗うことも出来る。
車中泊にはオススメのポイントですd(゚-^*)


ここの道の駅から、1年中北方領土返還を叫ぶ家族
a0114629_1729819.jpg




つづく




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-01-13 17:32 | 北海道の風景 | Comments(0)


<< 冬の道東一人旅・5  12/1/8      冬の道東一人旅・3  12/1/7 >>