2012年 01月 30日

石狩川結氷

国道337号線、北区あいの里から当別へと渡る橋。

その橋から石狩川の上流側、そして下流側を眺めると、全てが雪に覆われ真っ白になっている。

太美から堤防上を走る道に出た、美登位から眺めた石狩川。
奥の林が対岸で、右下の低い木が手前の岸。
この雪の下を遠く大雪山系からの水が、滔滔と流れているかと思うと不思議だ。

a0114629_2113459.jpg


河口付近はどうなっているのか・・・・近々見に行ってこよう。




                  雪に埋もれる農家の廃屋
a0114629_21173376.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-01-30 21:31 | 北海道の風景 | Comments(4)
Commented by gandeji2 at 2012-01-31 15:14
すごく雪が深そうだね。
今度、晴れたら八幡の旧渡船場にでも行こうかと思っているのさ。
堤防まで車で上がれるかどうかだけど?
帰りには新港を回ってこようかな。
Commented by jusokita at 2012-01-31 21:20
>gandeji2 さん
八幡の旧渡船場・・・・行ったことが無いので調べてみたんですが、今は何も無いとか? 
対岸の親船・川漁師の桟橋には、以前はカワガレイ釣によく通ったものです。
Commented by gandeji2 at 2012-02-01 14:50
勿論、渡船場はありませんよ。
その跡が今でも残っています。
ただ小さな漁船が係留されているだけですが。
「石狩挽歌」の雰囲気があってとても好きな場所なんですよ。
Commented by jusokita at 2012-02-02 01:30
>gandeji2 さん
望来から厚田までの海岸線、味がありますよね~。
こんな所に漁師が「生きている」・・・そんな場所も有ったり。
ただ、望来地区の海岸を見下ろす別荘地には違和感を覚えますが。


<< 札幌夕景      東千歳の霧氷 12/1/21 >>