2012年 03月 13日

3月の美瑛・3  12/3/11

輝く哲学?  はて・・・自分の哲学はあるのか(笑

日の出前にパッチワークの路から、パノラマロードへ移動。
あ~~~早くしないと陽が昇ってしまうじゃないか!

焦れば焦るほど道を間違え迷ってしまう。 な~に、昇るなら昇ればいいさ。
そんな感じでのんびりと脇見運転を楽しむ。

ところどころで止まって撮りながら進むうちに、哲学の木に辿り着いた。
そして、ちょうど日の出直前のタイミングウ~d(゚-^*)


               哲学の木
a0114629_20163537.jpg



少し傾き、考え事をしているような様子から、哲学・・・・と名付けられたそうな。
前夜の居酒屋のおかみさんは、「性格が曲がってるから・・・」と思っていたらしい(笑
人それぞれに色んな解釈をするもんですね。



               足跡
a0114629_2073374.jpg


キタキツネのモノだろうか。
一度沈み込んだ足跡は、雪解けと共に盛り上がって来るのだ。
実際は盛り上がるのではなく、踏み固められた部分は周りの新雪よりも解けるのが遅いために
この様な現象が起きる。 別に珍しくもないですね^^;



白金温泉方面へ移動中に、小川に沿って霧氷が付いていた場所見つけ、1時間ほど遊んだ。


               霧氷
a0114629_2013477.jpg




a0114629_20191249.jpg



ハラハラと降り注ぐのは雪ではなく、陽を受け自身の微細な重さを支えきれずに落ちる、霧氷の結晶。
この様子は、なんとも儚い命を見ているようでもあり、極上の美しさも感じる。
そして、耳を澄ますと、微かにシャリシャリ・・・・・・と音が聞こえるのだ。

春近しと言えど、まだまだ極寒の美瑛でした。



つづく・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-03-13 20:29 | 北海道の風景 | Comments(2)
Commented by Mr_Futchan at 2012-03-13 21:35
いや毎度素晴らしい!
どの写真も素晴らしいのですが、
2枚目の現象は初めて知りました。
つづきが楽しみです。
Commented by jusokita at 2012-03-14 08:01
>Mr_futchanさん
いつも有難うございます^^
2枚目の写真、FacebookでUPしたら、同じ北海道・函館に住む友人が
初めて見た!と言ってました。
積雪の無い地域に住む方なら当然でしょうが、道産子の私は、雪国の住人なら
誰でも知ってると思っていたので、驚きました~。


<< 3月の美瑛・4  12/3/11      3月の美瑛・2  12/3/11 >>