札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 24日

霧は霧でも・・・・・

東千歳、春から初夏に掛けてけっこう通ったけど、朝霧の雲海には一度も出会えず(TωT)

霧が出た時は、決まって濃すぎた。太陽が何処にあるかさえも分からないほどに霧に埋まる。
そんな時は諦めて、目の前のものにレンズを向けるしか無い。



                朝霧ビーズ
a0114629_1141481.jpg


こういうモノにレンズを向けてると、つい集中してしまって周りの様子が見えなくなったりする。



今時期、平日の早朝撮影は2時間ほど。あっという間に時間が過ぎていく。
そして6時半から普段の生活が始まる。
早起きするだけで、自分一人だけの自由で天国のような「時」を得られる事がありがたい。


ちょうど戻る頃に、徐々朝陽の明るさが見え、視界が広がって来た。

赤麦畑(タクネコムギ)  刈り取り間近。点々と白っぽく見えるのはクモの巣。
a0114629_1222253.jpg




普通の秋蒔き小麦畑
a0114629_1241017.jpg




ちょうどタイムリミットと同時に、青空が見えてきた。
a0114629_1254147.jpg

[PR]

by jusokita | 2012-07-24 01:31 | 北海道の風景 | Comments(2)
Commented at 2012-07-24 07:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jusokita at 2012-07-24 08:39
>白藍さん
ここで雲海を見る場所は決まっているのですが、霧が深い時はあちこち走り回ったりします。
まあ、それも楽しいひとときですね(笑

そして、陽が高くなるに連れて霧が晴れていくので、その変化が面白いです。
有難う御座いました^^


<< スイレン咲く      赤麦 >>