札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 14日

冬のヒマワリ 13・1・14

確実に夜明けが早くなった! そろそろ早起きモードに切り替えなきゃ!

予報に裏切られつつも、曇り空を眺めながら東千歳へ向かった。
なんかもう・・・・・バカのひとつ覚えみたいになってる^^;



今朝も気温は高めで、霧氷は見られず。
朝陽も雲に隠れ、なんか探してグ~ルグル。 で、横目に見えた道端のヒマワリ。




寂しいっす~~(゚ーÅ) ホロリ
a0114629_21404554.jpg




去年の9月の同じ場所。 奥に同じ木がある。   懐かしい!
a0114629_214398.jpg


この風景の差が北海道ですね! 
これほどに激しい季節感があるから、やはり北海道から出られない!





まだ横にも居ました^^;
a0114629_21464495.jpg


既に種は全て無くなっている。 きっと野鳥が啄んで行ったんでしょうね。
それにしても、野草も含めこのヒマワリも不思議なもの。
種を付けて頭が重くなってもけっして倒れずに立っている。
確かに、枯れて水分を失うことで、茎も硬くはなっているとは思うが、よくこの時期まで風雪に耐えているものだ。

ただ、その足元は50センチ程の積雪に埋まっており、それが支えにもなっているのかもしれない。
そして、一粒残らず野鳥に種を提供する。 更に鳥達は未消化の種をばら撒くのかな?

これも自然の摂理と言うものなのだろうか。 フムフム・・・・・




まだまだ倒れないぞ!
a0114629_2155316.jpg







オマケ。  ちょっと画像の乱れたドラミちゃん。
a0114629_21563860.jpg

[PR]

by jusokita | 2013-01-14 22:00 | 北海道の風景 | Comments(4)
Commented by shidokesuki at 2013-01-14 22:58
立ち枯れのヒマワリ、何とも言えない風情がありますね。青空とも映え
て綺麗です。撮りたくても中々撮れない貴重な写真だと思います。
Commented by jusokita at 2013-01-15 07:55
>shidokesukiさん
この場所、昨年にコンバインでのすき込み作業中に、たまたま遭遇したのですが
その時は道路際まで全て無くなっていたようにも思えるのです。
それが何故か、残っていました。
私の見間違えかとも思いますが、ここだけ数本を残したのは、農家の粋な計らいと勝手に感謝です(^^)
Commented by cyan9203 at 2013-01-16 13:23
これもまた農業景観ですよね。
1本のヒマワリから、いろいろな事が想像されます。
こういう意味がある写真、私は大好きです(^^)
Commented by jusokita at 2013-01-16 15:19
>cyan9203さん
有難うございます。
畑にすき込んでしまうヒマワリ、例えば同じ様に肥料になる植物で、
こんなに派手な花を咲かせないものも、きっと有るとは思うのですが
敢えてヒマワリって事は、観光を意識しての事なんでしょうかね~。
撮るものとしては有難い事ですが^^


<< 雪のオバケ      恵庭渓谷 13・1・12 >>