札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 12日

余市岳 13・2・12

全く以って無謀というか、無知と言うか・・・・

昨年のアンヌプリ登りで、自身の体力の無さと普段の極度の運動不足を認識して居たにも関わらず
今日は友人と2人で、余市岳に登った。

【余市岳 標高1,488m】

登ったと言っても、麓からなんてワケは有りません。
キロロスキー場のゴンドラを利用し、標高1,100m辺りからの登山です。
往復5時間30分。



登り始めは、雪は降っているものの穏やかでキレイな眺め。
a0114629_2161845.jpg

実は、こんな場所をこの時期に歩くのは初めて。 スノーシュー着用です。
出発間もないこの辺りでは、古いコンデジながらも楽しく撮ってました・・・・・




途中で、ボーダーグループに抜かれる
a0114629_2181085.jpg





1時間ほど歩くと、出発地点の穏やかな様子は一変して、真横から強風が吹き付ける!
a0114629_2110044.jpg

Vサインなんて出してるけど、右奥に稜線が見える急登を前にしてビビってます(゚o゚)ゲッ!!

実は、私はこの急登で太もも付け根の筋肉に痛みが出て、泣きそうになって来た。




なんとかそれを乗り越えると、傾斜は緩いが味わったことの無い猛烈な地吹雪の攻撃を受ける。
ピークは目前。しかし、その方向さえも分からないほどの視界の中、足の痛みが限界に達する(TωT)

私はここでリタイヤ*o_ _)oバタッ
a0114629_21234037.jpg



頑張ってひとりピークを目指す友人は、視界から消えていった。 戻って来てよ~~~~!
a0114629_21251185.jpg



なんと、本当に山頂は目前だったようで、友人は無事にたどり着き、15分足らずで無事に戻ってきた。
そして下山!
a0114629_21271021.jpg





ここは何処~~~~
a0114629_21282223.jpg



帰りはもう、右足を前に出すことが出来ず、ストックの先をつま先とスノーシューの隙間に挟み
腕で持ち上げて足を進めた。
実はこの時点で下りのゴンドラの時間に遅刻しているのだ(汗

やっとの事で辿り着いたゴンドラ駅。
係員に謝り、お願いして乗せてもらえた。 もしダメだったら・・・・・・・)゚0゚( ヒィィ

ゴンドラの中でふたり、安堵と共に反省を語り合ったのである。 メデタシメデタシ(笑



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-02-12 21:40 | 北海道の風景 | Comments(16)
Commented by snowy-scene at 2013-02-12 21:59
こんばんは^^
素敵な雪景色!
・・と思ったら、大変なご苦労をされて撮影されてこられたのですね。
考えただけで自分、ムリです~・・
ゴンドラに間に合ってよかったですね!
ハラハラしながら拝見しました。
自然風景を撮るのって・・・大変ですね・・・
Commented by jusokita at 2013-02-12 22:20
>snowy-scene さん
コメントを有難うございます。
今回は、一眼で撮る余裕は無いだろうと思い、コンデジ撮影でした。
というか、撮影などと言える状況では無かったです^^;
暴風と地吹雪で、シャッターを押すのがやっと!
どんな写りになっているのか、モニターではほとんど確認も出来ないのです。
でも、記念写真として残せて良かったです(笑
目的は撮ることより、登ることでしたから。 とにかく疲れました!*o_ _)oバタッ
Commented by shidokesuki at 2013-02-12 23:10
すごいことをやられましたね。でもその甲斐あって素晴らしい写真が撮
れましたね。あまりご無理なさらないでくださいね。でも本当にステキな
写真です。ありがとうございます。
Commented by seamoonn at 2013-02-13 09:18 x
凄い経験をしてきたのですね! でも自力で下山できてなにより
でしたね!この時期冬景色の珍しい現象などがみられる
そうですが、それどころではありませんでしたね(--)
お疲れ様でした!最後の写真とコメントが良かったです~
Commented by sakura51136 at 2013-02-13 10:29
お疲れ様でした!!
いゃ~タフですね!! (@_@;)

雪原にぽつんと一人だなんて、恐怖感で一杯
になってしまいそう・・・(・Θ・;)アセアセ…

きっと山に登らなくては見られない素敵な風景
なんでしょうね~
でも私は室内で美しい写真拝見させて頂いて
いる方が良いです。。。。(笑)





Commented by jusokita at 2013-02-13 12:34
>sidokesukiさん
いえいえ、山としては初心者クラスの場所だと思いますよ。
ただ、時期と体力が問題でした^^;
防寒装備は、普段の寒中撮影のモノで十分でしたが、逆に経験豊富な友人(神奈川在住)のほうが、装備不足でした。
私は、体力不足です(笑
写真は、コンデジでの記念写真ですが、冬山をこの目で見られた事は良かったです。
Commented by jusokita at 2013-02-13 12:45
>seamoonnさん
ゴンドラの終点が、森林限界の始まる地点。
晴天だと、そこからの眺めは本当に清々しいものです(過去の記憶)。
でも、歩き始めると徐々に「そんな甘いもんやおまへんにゃ~」って声が
何処からともなく耳に目に足に刺さってきました(゚o゚)

山頂付近の暴風域での、生まれて初めて見る凍りついた木は
ゲレンデで見られる樹氷とは全く別物でした!
晴天下で撮れなかったのは残念ですが、またいつか行ってみたいと思います。
山頂目前で諦めたのは、足の痛みのほうが先にピークに達してしまい
下山の不安が有ったからです。
ストックを引っ掛けて歩くことを思いつかなければ、マジでヤバかったです!
山でも写真を撮りたいと思ったら、先ずは健脚でなければと思い知らされました^^;

Commented by jusokita at 2013-02-13 12:56
>sakura51136さん
いえ、本当はヘタレです^^;
この日は、時折太陽の位置が確認出来たのと、風向きが一定であることが、向かう方向を見失わずに済みました。

ポツンとひとり・・・・
こんな状況は、1人で渓流釣りによく行っていたので、逆に快感です(笑
ただ、雪原で視界が悪いと、本当に方向感覚を失うので恐いですね。
今回は、行きも帰りもスキーヤーに抜かれて先行してくれたので助かりました。

でもね、目も開けられないほどの暴風のなかで見た、凍りついた木の造形は感動しましたよd(゚-^*)
非常に写欲をそそられましたが、時折出る日差しを待つなんて状況では有りませんでした~(TωT)
Commented by cyan9203 at 2013-02-13 15:32
ありゃりゃ〜〜でしたね!
何よりも、無事に帰って来れて良かったです。
知り合いも、以前アイスモンスターを撮影するのに余市岳へ登ってましたっけ。
風が強いですから、アイスモンスターが大きく成長しますが、その分、難しい条件なんでしょうね。
こういう状況の時って、余計な荷物を捨ててしまいたくなりますから、重い一眼レフカメラとレンズを持っていかなくて正解でしたね(゚゚)(。。)
それにしても、こんな状況でもちゃんと撮影するのがスゴイ!
まるで戦場カメラマンみたいだなー。
いやはや大変にお疲れ様でした。
Commented by jusokita at 2013-02-13 16:03
>cyan9203さん
地理的状況は過去の晴天下での目視の記憶と、地形図で把握してましたし、
迷うことは無いと思いましたが、歩いて戻れて、ゴンドラに乗れたのが幸いです^^;
例えピーク目前と言えども、やはり身の安全が第一でした。

ゴンドラ駅の周辺だと、アイスモンスターは撮りやすいでしょうね。
一眼は晴天だったら持っていく予定でしたが、この時はコンデジで正解でした。
なにせ初めての冬山登りですから、記念写真だけは残しておかないとd(゚-^*)

厳しい冬の風景、滅多に撮れない場所へ行くには、先ずは体力だと強く感じましたね~。
まだ足が痛いです(TωT)
Commented by rabbit at 2013-02-13 20:09 x
はじめまして、紫庵さんの所から参りましたrabbitと申します。
taurusは私の夫で、先日お見かけした時に車の助手席に乗っていたのは私です。^_^; 
夫婦で撮影旅行に行っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。m(__)m

喜多さんのお写真、さかのぼって拝見致しました。 素敵な写真がいっぱいですね! 特に東千歳のお写真はすばらしいものばかりで感心致しました。
今回の記事は、びっくりです。 ご無事でよかったですね~~
悪天候の冬山は怖いです。
その昔、蔵王にスキーに行った時、ゲレンデ中腹にある宿までいくリフトの終了時間に間に合わず、
宿の人に、スノーモビルで迎えにきてもらったことを思い出しました。
Commented by sari-z at 2013-02-13 20:31
お疲れさまでした!
雪山登山は初めて?
凄い経験されて。。ゴンドラに間にあってよかったですね。
コンデジでの撮影も頑張られたんですね。
ここは何処~~がよかったです。
ゆっくり休んで痛いの痛いの飛んでいけ~です^^

Commented by kitascene at 2013-02-13 21:32
こんばんは。
1枚目は自然の凄みを感じますね。
途中で天候が崩れ、足も痛め大変でしたね。でも、Vサインを発見しちゃんと写真に収めているなんて、さすがですね。
足の痛みは回復されたのでしょうか。お見舞い申し上げます。
Commented by jusokita at 2013-02-14 08:08
>rabbitさん
初めまして。お越し頂き、嬉しいコメントを有難うございますm(__)m
なんと!Taurusさんの奥様でしたか!
では、初めましてではなく、既にお会いして居たのですね^^
東千歳で紫庵さんからrabbitさんのお名前をお聞きして居ましたので
ブログを拝見させて頂きました。読み逃げでスミマセン~~~。
「朝の撮れたて 雪の結晶」は素晴らしいですね。
そして、ご夫婦で撮影旅行に出かけられる事は、本当に羨ましい限りです。

私は写真を始めて5年目になりましたが、まだまだ解らないこと知らないことだらけの初心者の域です。
東千歳へは通い始めて4年目になりました。
ブログ繋がりで、同じ場所を撮られてらっしゃる方々とお知り合いになることが出来て、大変嬉しく思います。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。

今回の余市岳、なんとかゴンドラで降りることだけ考えて、必死で歩きました^^;
予定より下山が遅れてしまい、多くのことを反省しております。
防寒装備だけは、撮影時のモノで十分でしたが、体力が不足でした。
Commented by jusokita at 2013-02-14 08:15
>sari-zさん
はい。冬山登山は初めてです^^;
一緒に登った神奈川の友人は、登山経験は豊富ですが防寒装備だけは
私のほうが上でした(笑 冬の早朝撮影の経験ですねd(゚-^*)
足の痛み、単なる筋肉の疲れなので、もう大丈夫ですよ。ありがとう^^
Commented by jusokita at 2013-02-14 08:19
>kitasceneさん
1枚目、出発間もない場所で、余裕で撮ってましたが、徐々にシャッターを
押すことさえもままならない状況へと変わって行きました(笑
いつかまた、良い条件の時に行ってみたいと思っています。
足の痛みは、ほぼ治まりました。ご心配を頂き、有難うございますm(__)m


<< ススキノの夜      カルデラの里 13・2・10 >>