2013年 03月 03日

春遠し

台風一過、と言うところでしょうか。
2日の北海道、大嵐が吹き荒れました。悲しいことに、その犠牲となられた方も居らっしゃいます。
本当に、自然の力、猛威を改めて感じさせられます。

3月を迎えたとは云え、北海道の冬はまだ終わりでは有りません。
暖気が来て雪解けが進むと、それはそれで災害ももたらすものです。
屋根からの落雪や、雪崩、更には急激な気温上昇に伴う、雪解け水の被害なども。



先日、由仁町で見かけた様子。道路に流れる雪解け水が、畑の雪面に泥流となって溢れていました。
a0114629_20132510.jpg




a0114629_2014079.jpg

純白の畑に見たこの異様なコントラストは、あの津波を思い出してしまった。


自然の脅威というものは、敢えてその懐に飛び込む行為の中では、あらゆることを予想出来るもの。
しかし、人工物の中で暮らす私たちは、自身が造り出した「モノ」が原因となって
自然がもたらす現象を、とてつもなく大きな力に替えてしまう事に、普段の生活の中では気付いていない。
その環境が安全だと思い込まされている。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-03-03 20:35 | 北海道の風景 | Comments(4)
Commented by snowy-scene at 2013-03-04 00:58
こんばんは。
本当にそうですね・・
あの時の衝撃はいつまでも心に刻まれてゆくでしょう。

リンクありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたしますね^^
Commented by jusokita at 2013-03-04 08:17
>snowy-sceneさん
おはよう御座います。

今朝の新聞記事・・・・その猛威の跡に、亡くなられた方の恐怖が伝わって来ました。
車は極寒の中でも簡単に遠くへ移動出来ますが、それが予期せぬ状況へと
突き進んでいく結果となりました。
札幌の近郊でも十分に有り得ることです。危険を回避するためには
常々、予想することが大事ですね。

こちらこそ宜しくお願い致しますm(__)m
Commented by seamoonn at 2013-03-04 18:14 x
本当に今回の暴風雪による被害の大きさには驚きましたね!
雪なしの生活は考えられないほど、身近にあるはずの雪が、牙を剥いた時の恐ろしさを目の当たりにして、改めて日頃からの雪に対しての
心構えを考える機会になりました・・・

観光バスツアーの方のコメントにロマンチックに思えた冬の北海道は怖いものだと知ったとありましたが、住んでいる私たちにとっても、想像を絶ような出来事でした・・・

吹雪の撮影は気を付けましょう~

Commented by jusokita at 2013-03-04 19:54
>seamoonnさん
こんばんは。
ホワイトアウトは、札幌近郊を車で走っていて何度か体験していますが
迷うのは、先行する車が居ない時に、止まるべきか進むべきか・・・・
停車すると追突される危険も大きいですね。
テールランプも、5mほどでやっと見えるという状況になります。

私は冬期間は、防寒着(上下)、スノーシュー、防寒靴、簡易カイロ、その他・・・・・
常に車載していますが、スコップも必要だと感じましたね。

昨年の長夏で、きっと異常な冬になるだろうと予想はしていましたが
将来、温暖化の影響で日本の冬は厳しくなると言われています。
知恵を絞って行かねばなりませんね。


<< 雪の日      春への道 13・2・28 >>