札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 18日

6月の美瑛3  13・6・16

時間を追っての投稿が前後してしまった。
本来なら、この記事が「2」なのです。

青い池からの戻り道、上富良野へ抜ける道へ入った。
その途中に有る『日新ダム』に立ち寄る。 7:00~
この時点では、まだ空は雲が覆っていた。



何も動かない無風の中に、線を引く者
a0114629_21585295.jpg





a0114629_2204951.jpg





まるで時間が止まったように静かな森も、ダム堤を渡り林道をくぐると、しっかり呼吸をしていた。
a0114629_222553.jpg



ここの眺めは、その後の畑巡りや、札幌へ戻るという縛りが無ければ、何時間でも居たかったが
パノラマロードから、再びパッチワークの丘を回り、帰路についた。
途中、記念撮影程度で数箇所を撮るも、何だか虚しい思いが・・・・

写真を撮るようになってからは、毎年3~4回ほど美瑛には訪れていたが
その度に、「何を撮りたくて来てるんだろう・・・」と思うようになった。

いつもの東千歳でさえ、満足できる写真も撮れないのに、何やってんだろ俺・・・という感じで。
暫く、美瑛からは気持ちの上で距離を置こうと思う。
観光で行くことは有るかもしれないが、撮影目的だけで行くことは当分の間、おあずけかな。



今回、自分的に残せた一枚。

いのちの波紋       ※別ウィンドウで拡大可   
a0114629_2235171.jpg

青池に落ち、夏の声を発せられなくなったセミは、精一杯に翅を震わせて
そのエネルギーを大きな波紋に変えた。


6月の美瑛にお付き合い頂き、有難う御座いました。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-06-18 22:55 | 北海道の風景 | Comments(12)
Commented by yuttan34 at 2013-06-19 00:52
3枚目 憧れの水玉水滴です なかなかこの様な被写体に遭遇しません
美瑛も素敵な所ですが 
私は jusokitaさんの撮る東千歳の方が好きです
知り尽くした場所に 新しい発見もあって良いと思います
Commented by sakura51136 at 2013-06-19 11:51
命の重みを感じます。アリガトウ。。。´;ω;`

私も昔は足が無いので、アチコチ行けない
イライラがありましたが、今はそんな事無いですよ~
行けるなら行きたいケド(笑)

一分、一秒いつも違います。
そんな素敵な東千歳の風景を
また違った視点で見せて下さいね d(゚-^*)

http://a1photo.exblog.jp/20596428/

結構、頭を殴られる様な 
響く文章を乗せていらっしゃる方のプログです
Commented by Mr_Futchan at 2013-06-19 19:13
こんばんは

何のために写真を撮るか?
あんまり深く考えない私にはむつかしいです。
でも、貴兄の写真に癒されたことは確かですょ。
私としてはこのまま続けて欲しいものです。
Commented by jusokita at 2013-06-19 20:43
>yuttan34さん
こんばんは。
葉の縁に付いた水滴は、朝露ではなく、葉から吹き出すらしいですね。
なので、回りを見ると、付いている葉がほとんど無いのです。
その種類によるのであれば、なかなか遭遇出来ないのかもしれませんね。
ただ、早朝に林や林道を歩けば、この時期には必ず出会えると思います。
って、そうそう朝早くにそんな所を歩くことも無いでしょうね^^;
東千歳、嬉しいコメントを有難う御座います。また通いますよ~
Commented by jusokita at 2013-06-19 20:58
>sakura51136さん
こんばんは。
今回の美瑛では、この蝉の波紋にヤラれました。
青池を撮り終えて、戻り道に付いた所で奥の方に波紋が見えて、再び戻りました。
動かなくなるまで撮ってましたが、少し焦ってしまい設定が乱れたのが悔やまれます。

私は割りと自由に出歩けるので、それには感謝してますが、逆にあちこち遠くへ行くことに
最近は意味の無さを感じ始めています。あくまでも、自身にとってですが。
この日、札幌付近まで戻ってきた時に、言いようのない安堵感を覚えました。

見て来ましたよ。a1photo.exblog.jp
やはり、『表現』に正しい定義など無いんですね。
Commented by jusokita at 2013-06-19 21:09
>Futchanさん
こんばんは。いつもコメントを頂き有難うございます。
何の為に撮るか・・・・・
今回、私が思ったのは、何のために美瑛まで行ったのか、だったのです。
勿論、この時期にしか見られない、美瑛の北海道らしい風景を・・・なのですが
たったの1日で、そんな表現をモノにしたいなどと考えた事に、限界を感じました。
その地に住んで、撮影に取り組んでいる方が存在するのに、数時間ほど撮った所で
記念写真しか撮れないという現実を思い知らされました。
今後、もし向かうとしたら、ピンポイントを狙える自分になってから行きます。
そんな写真でもご覧頂き、有難う御座いましたm(__)m
Commented at 2013-06-19 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-19 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jusokita at 2013-06-19 23:36
>鍵コメ 21:43さん
迷って・・・・仰るとおりです。
たったの1日で、美瑛の何を見たかったのか。まさに雲を掴むようなものです。
ただグルグル走り回り、その道の先にどんな眺めが広がるのか、
そんな感じで行き当たりばったりの撮影です。見たものをただ撮ったって感じですよね。
結局は、観光と変わりません(-。-;)

皆さん、そして鍵コメさんも仰って頂いた東千歳の事、
とても嬉しく、有り難く思います。
また、東千歳に通い、色々な意味で写真を考えて行きたいと思います。
有難う御座いましたm(__)m
Commented by jusokita at 2013-06-19 23:36
>鍵コメ 22:34さん
ズラ~~~っと読んできました!
ホントですね、まさに乞食と化してました(-。-;)
そんな乞食根性で歩きまわっても、札束なんて落ちてるはずも無いわけで・・・

改めて東千歳と向き合う事が出来そうです。
教えてくれて有難う御座いましたd(゚-^*) 
Commented by cyan9203 at 2013-06-21 22:10
以前、あそこではこういう写真を撮そうとイメージして行って、イメージと異なった光景に、結局何も撮せなくて帰ってきた経験があります。
あまりにも多くの富良野・美瑛の映像を目にして、無意識に同じ様な写真を撮そうとしてしまう事もあります。
無理に期待しないで、目の前にある光景を自分なりに表現する。
これが楽です(^^)

喜多さんには、東千歳という素晴らしいフィールドがあるじゃありませんか。
自分のフィールドを持っているという事は強いですよ(゚゚)(。。)
Commented by jusokita at 2013-06-22 08:53
>cyan9203さん
おはよう御座います。
アドバイスを頂き、有難うございます。 仰るとおりですね。
あまりに広すぎて、「あそこを・・・」と絞ることすら出来ない自分の未熟さを
行く度に感じていました。
昔から、メモを取らない私なのですが、押さえておきたいポイントを地図に記しておくと言うことは、
最低限やるべき事なんでしょうね。
畑の風景ももちろん良いですが、やはり一番撮りたいと思うのは青池です。
今度は集中してみたいと思います。

東千歳・・・そうですね、有難うございます。
身近を撮ることが基本ですねd(゚-^*)


<< 遺物       6月の美瑛2  13・6・16 >>