札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 28日

マクロで森歩き

雨続きの札幌。
湿度は高いが、気温は低めなのが幸いですね。

今朝は、自宅から程近い緑地公園を、100㎜マクロ1本で散歩して来ました。
期待したきのこ、アカヤマドリは確認できず残念。



沢山ぶら下がった木の実は何だろう?
a0114629_2051746.jpg





a0114629_20513043.jpg





赤い小さな虫は、タカラダニと言うんですね。人に害は無いそうです。
a0114629_20542030.jpg



まあ、何・・・って事でも無いのです。
なにか見つかるかな?・・・・・そんな気分でマクロで覗く森。

衰えて来た眼では、小さなものを近くで見ることも出来なくなった。
そんな自分に、マクロレンズは楽しい世界を見せてくれる。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-07-28 21:04 | 北海道の風景 | Comments(10)
Commented by shidokesuki at 2013-07-28 21:13
ぶら下がった木の実の下の水滴、見事な描写ですね。また最後の写真
のタカラダニ、他をぼかしてこんな小さなダニにだけ焦点を当てるとは
流石です。敬服致しました。
Commented by jusokita at 2013-07-28 21:24
>shidokesukiさん
こんばんは。いつも嬉しいコメントを有難うございます^^
今回は手持ちで歩きました。
ちなみに、タカラダニはISO‐1000まで上げて、f/4.5、1/125秒です。
MFですよ。マクロはAFよりもMFのほうがピンが来るように感じます。
Commented by sakura51136 at 2013-07-28 22:18
お天気が悪くても撮影楽しんでらっしゃいますね!! d(゚-^*)
2枚目の木の実と丸ボケの重なり具合が
良い感じでさすがです~!!
老眼じゃなくても、こんな小さい物にピントを
合わせるのは至難の業。。。。
ふつー出来ませんょ~(・Θ・;)アセアセ…
Commented by rabbit at 2013-07-29 00:34 x
風景写真もいいですが、カメラでしか表現できない、こういうマクロ写真が
私は大好きです。(*^_^*)
2,3枚目もマクロならではの構図で素敵なんですけど、1枚目のちょっとひいたお写真が
なにかとても幻想的で引き込まれます。
マクロは手持ち&MFが基本ですよね。(^^)v
Commented by Mr_Futchan at 2013-07-29 07:04
おはようございます。
1枚目、2枚目にウットリ。
マクロレンズのボケに乾杯!
Commented by jusokita at 2013-07-29 08:44
>sakura51136さん
おはよう御座います。
この時は傘を持って歩きましたが、幸い雨には当たりませんでした。
湿地帯も有って、羽化中のヤゴとか居ないかな~って思ったけど、見つけられませんでした^^;
マクロで見る虫は楽しいね~(^^)
Commented by jusokita at 2013-07-29 08:53
>rabbitさん
おはよう御座います。
風景を狙っている時は、この頃は撮ることに難しさ厳しさを感じますが
手持ちマクロは純粋に楽しいですね^^
あ、MFは基本だったんですか。そんな事も知らずに自己流でした~^^;
Commented by jusokita at 2013-07-29 08:56
> mr_futchanさん
おはよう御座います。
レンズの良し悪しは分かりませんが、この100㎜を奮発して買って良かったと思っています。
APS-C機に付ければ160㎜になりますから、虫好きの私にはピッタリです^^
Commented by cyan9203 at 2013-07-31 21:09
これはツリバナと思います。
秋になると赤くなったこの実が割れて、中にある種を見ることができます。
1枚目はシルエット・2枚目は雫と玉ボケ・・・ニクイ演出ですね〜(^^)
Commented by jusokita at 2013-08-02 15:20
>cyan9203さん
こんにちは。お返事がくれてしまいました^^;
ツリバナと言うんですか。有難うございます。
そう言えば、秋にパカっと開いた実が落ちているのをよく見ますね。
思い出せば、過去にこの場所で同じ実を、開いている時に見ていたのを思い出しました。
確か、リースなどの飾り付けにも使われていますよね。

雨中では厳しいですが、雨上がりの撮影は楽しいです(^^)


<< 東千歳の夏 13/8/3      夏蝉の季節 >>