札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 26日

イワナ釣り 13・8・24

2年振り・・・いや、3年振りかな~、渓流は。

長かったお盆休みが終わって間もないのに、まだ夏休み気分が続く^^;
25~26日は、家族+親類と去年も行った寿都のコテージに一泊。
更に、28~29日はニセコ・サヒナで、いつもの友人とキャンプ。

久々にイワナ塩焼きが食べたく、過去に通いつめた川へ向かった。



赤井川村・余市川上流の支流。 (全てコンデジ撮影)
a0114629_1985475.jpg

遡上すること約1km弱(Google Maps航空写真にて推測)。
奥の落ち込みが、いつもの折り返し点となる。



ここは!と思うポイントではほぼアタリが来るが、期待するほどの大物は出ない。
しかし、塩焼きに調度良いサイズは20cm前後。この川の平均サイズだ。
それ以下の小物はリリース。


一尾だけの尺イワナ。
a0114629_19144780.jpg

ヤマベやニジマスに比べて、イワナはそれほど暴れないので、尺サイズでも割りと楽に取り込める。


今回の塩焼き食材の釣果。
a0114629_19284096.jpg



10年ほど前に、頻繁に通った川。
付近の農家の話では、熊出没のために今では誰も入らなくなったと言う。
勿論、私も用心はする。時々大声を張り上げたり、時には爆竹を鳴らすことも有った。
釣り上る時よりも、戻るときの背中が怖い。

久々の渓流歩きは、非常に足腰に堪えた。
何となく、渓流釣りはこれが最後になるかもしれないな~。



イワナは、美味しく有り難く、炭火塩焼きで頂きました^^ (携帯写真)
a0114629_19374820.jpg



イワナ(エゾイワナ、アメマス)は、河川に棲む淡水魚で最上流域に生きる魚。
例え小沢と言えども、イワナが飛び越えることは到底無理と思えるような落ち込みも有る。
しかし、更にその上にもイワナは生息しているのだ。
いったい、いつの時代からそこに生きていたのだろう・・・
水の流れに侵食され、小滝が形成される以前に、中流から下流域での生存競争を逃れ
源流域にまで、その生きる場を探し求め遡上したのだろう。

魚が生きる場所としては、最も餌となる物が少ない領域だろう。
中流域に棲むヤマベは、餌が豊富なためかどうかは分からないが、非常に「美食家」とも言える。
季節によって、好む餌が有ったり、それを外すと全く喰い付かなかったりもする。
それに比べイワナは、流れてくる餌らしきモノには貪欲に食らいつくのだ。
過去に、釣ったイワナの腹が異常に膨らんで居た。
不思議に思い、腹を割いてみると、なんと親指ほどの木の枝の切れ端が出て来た。

上流域の小沢は、冬にはその水面さえも雪で覆われることも珍しくない。
水温は5度以下にまでなるだろう。そんな条件下では餌も流れてくるはずも無く
岩陰でじっと動かずに身を潜める。
そして、雪解けの頃には痩せ細った体で、再び泳ぎだすのだ。

そんなイワナたちを唯一守ってくれているのは、ヒグマの存在なのかもしれない。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-08-26 20:06 | 北海道の風景 | Comments(16)
Commented by cyan9203 at 2013-08-26 20:42
イワナが美味しそう〜〜(^Q^)ジュル
これはもう、ヒグマを気にせずにどんどん釣ってー、なんてイワナい(爆)
1枚目を見て、渓流の写真と思いきや、実はイワナの写真だったんですね〜。
最後の画像ですが、道産子はサッポロビールにしましょう(笑)
Commented by sakura51136 at 2013-08-26 22:36
採れたてを塩焼きで・・・・
何て贅沢なんでしょう(笑)
美味しそう~食べてみたい~~♪♪ (*'-'*)エヘヘ

熊さんのお陰で大物げっと!!??
よく、ラジオ掛けて置くと良いって聞いた事
ありますが・・・・
所でイワナとヤマメの違いが判らない・・・・ ^^; 


Commented by jusokita at 2013-08-26 23:13
>cyan9203さん
こんばんは。
お得意ギャグを有難うございます(^_^;)
カメラリュックに三脚も背負って・・・・とも少し考えたのですが
この川は、流れの中は20~30センチほどの石がゴロゴロ有って
非常に歩きにくく、万が一転んだらって事を思い、断念しました。
あ、ビールは妻の担当なので、私はイワナにはやはり日本酒ですよd(゚-^*)
Commented by jusokita at 2013-08-26 23:23
>sakura51136さん
こんばんは。
本州だと、道の駅などでは塩焼きを売っている所も有ると聞きますが
こちらじゃニシンでしょうかね~(笑
もっと大きな川の源流域では大物が居るようですが、登山技術が無いと
行けないような所。当然、熊も居るよね~w(゚ー゚;)w
ラジオだと相当な音量でないと、川の流れの音にかき消されて厳しいと思うよ。
山菜採りには有効でしょうね。 専ら大声と熊鈴です。

イワナは、海から遡上するアメマスの種類で、海には降りず上流域で
一生を過ごすものを指します。
また、ダム湖で大きく成長したものもアメマスと呼びます。
ヤマベは、海に降りたものはサクラマス。川で生まれたメスは皆、海へ降りますが
一部のオスが川に残り、それをヤマベと呼びます。
イワナとヤマベは、姿形も大きく違いますよ~。
Commented by rabbit at 2013-08-27 09:41 x
おいしそうですね~~ 釣りは、釣り堀で1回だけやったことがあるだけで
全く未知の分野です。
川魚の種類も全然わからないので、喜多さんの詳しい説明を拝見して
そうなのかぁ、と納得しました。(笑)
釣果のお写真、何気ないコンデジ写真のようでいて、結構難易度高い
ですよね~  後ろに川が見えて、下には葉っぱが効果的に敷いてあって
本当に新鮮でおいしそうに見えますもの。 (*^_^*)
さすがだなぁ、と感心しました。
Commented by jusokita at 2013-08-27 15:36
>rabbitさん
こんにちは。いつもコメントを有難うございます。
女性で渓流釣りをされる方は少ないでしょうね。
川でも出会ったことが有りません(笑

魚の説明まで読んで頂き、有難うございます^^;
コンデジの構図は、チョットだけ考えました~。
魚は、一眼で風景撮る以前から写して居ましたので、本当はもっとシッカリと
撮ってあげたいのですが、まあ、本来の目的は「釣り」と言うことで^^
それにしても、シャッタースピードの設定も出来ないコンデジ、そろそろ買い替えどきかな~って思っています。
Commented by shidokesuki at 2013-08-27 19:38
イワナの大漁、おめでとうございます。しかも尺イワナも釣り上げられ
て、最高ですね。お友達とキャンプをしながらの炭火焼き、至福の一時
ですね。私は最近所用に追われ釣りには行っていません。
Commented by jusokita at 2013-08-27 20:32
>shidokesukiさん
こんばんは。
本当は10尾くらいは楽勝と思っていたんですが、水量が少なく水は透明で、
暫く行かないうちに、良いポイントも大水で変化していました。
熊に怯えながらの釣りは、もうこれきりにしようかと思います。
機会が有れば、今度はヤマベ狙いでしょうかね~。
Commented by Mr_Futchan at 2013-08-28 07:01
おはようございます。
いい休日でしたね。イワナの釣果も上場
きっとお酒も入ったんだろうな。
お酒と言うよりは、お神酒と言って上げたいほどの神聖な魚に思えます。

以前に比べ熊と人間の距離が縮まったように、
私には思えるのですが・・・
Commented by 工房撮り鉄 at 2013-08-28 16:14 x
こんにちは。
イワナいいですね~。私は釣りをしませんが、食べるのが専門です。

今日は、ニセコでしたね。☔大丈夫ですか?
お友達とのキャンプ大いに楽しんでください。??には、気負つけて・・・。
Commented by Taurus at 2013-08-28 18:42 x
喜多さんご無沙汰してます。私は釣りはやらないのですが一枚目の流れは如何にも川魚がいそうな雰囲気ですね。スローシャッターで撮りたくなる流れですね。でも茂みから熊が出てきそうでチョッと怖そうですが、、、
Commented by jusokita at 2013-08-29 18:23
> mr_futchanさん
こんばんは。
お察しの通り、塩焼きの夜はしっかりと深酒になってしまいました^^;
札幌市内でも、春と秋には市街地にも現れることがよく有ります。
山での餌不足という理由も有るかもしれませんが、人間を恐れない
若いヒグマが増えてきたらしいです。
知床では、生ごみの不法投棄や観光客が車から餌を投げ与えるなど、
非常に困ったことが頻発しています。
個人の良識や熊に対する知識不足が、その一因でもありますね。
Commented by jusokita at 2013-08-29 18:26
>工房撮り鉄さん
こんばんは。コメントを有難うございます。
イワナ料理は、きっと料亭やホテル旅館などでしか口に出来ないかもしれませんね。
かと言って、美味しいとはお世辞にも言える味ではないですが
野趣あふれる味わいが、何とも言葉に表せられないものが有ります。
ニセコは、なんとか天気に恵まれ、楽しいニセコキャンプとなりましたd(゚-^*)
Commented by jusokita at 2013-08-29 18:36
>Taurusさん
こんばんは。コメントを頂き有難うございます。
一枚目、手前の落ち込みをイワナが飛び越えることは厳しい落差です。
それでも、奥の溜まりにはイワナが居るのですよ。
つまり、気の遠くなるような昔、写真のような落ち込みが形成される以前に
上流を目指して遡上し、棲み着いたということでしょうね。
そんなイワナのことに思いを馳せると、けっして必要以上に釣ってはならないと感じます。
そして、ヒグマがそれを阻止してくれているのかもしれませんね。
Commented by sari-z at 2013-08-31 17:10
こんにちは
ちょっとだけお久しぶりな気が(-。-;)
イワナは食べたことが ありません 美味しそうですね^^
うんうん そうなんだとお魚の説明 読ませていただきました
ニセコキャンプ楽しかったですか~
。。とお知らせおそくなりましたが デジ作りました
キャンプには敵いませんが、、お時間ある時見てください^^
Commented by jusokita at 2013-09-01 12:18
>sariさん
こんにちは^^
長い説明を読んでくれてありがとう。まあ、そのうち忘れると思うけど(笑
キャンプは楽しかったよ♪ 
半月ほども続く不安定な天候の中、なんとか気持ちいい空気に包まれました。

おっ!デジ報告ですね。見に行きますよd(゚-^*)


<< きのこの風景      札幌 滝めぐり >>