2013年 11月 17日

セイタカアワダチソウ

今日の狙いは、エノキダケだったんですけどね~・・・
いくら10~11月のきのことは言え、さすがに旬を逃してしまいました。

いつものエノキの場所へ向かう途中、低い陽射しを受けて輝く
セイタカアワダチソウが気になって、車を停めた。



初冬の輝き   〈写真をクリック~別ウィンドウにて拡大可〉
a0114629_20111994.jpg




a0114629_20135071.jpg


外来種のセイタカアワダチソウ、いったい何処まで蔓延るのでしょうか。
調べた記述によると、根から毒素を出し、他の草を枯らしてしまうらしい。
それで、この草だけが広い範囲で繁茂するというのだ。
しかし、ある程度の年数が経つと、その毒で自身も枯れてしまうとか。



カワラタケとハチノスタケ
a0114629_20195221.jpg



結局、エノキは撮れるようなものは無かった(TωT)


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-11-17 20:23 | 北海道の風景 | Comments(4)
Commented by sakura51136 at 2013-11-17 22:29
今日は東千歳じゃなかった!!
朝霜を撮りながら「きっと今頃・・・」って思ってたのに(笑)

枯れ草もファンタジックになってますね♪♪
セイタカアワダチソウがそんな性質を持っている
なんて初めて知りました (ノ゚ο゚)ノ 
エノキダケってあのエノキダケ??
きっとお店で売ってる物とは姿形が全く
違うのでしょうね (;・∀・)
Commented by sari-z at 2013-11-18 14:37
もう冬がキタ、、んですね
セイタカアワダチソウ。。輝いていますね。
とっても綺麗^^
Commented by jusokita at 2013-11-18 20:28
>sakura51136さん
こんばんは。いつもコメントを有難うございます。
この日は、前夜に近所の居酒屋で飲み過ぎて、起きられませんでした^^;
でも、知り合いの方が行ってまして、この日は良くなかったそうです。

セイタカアワダチソウ、本来なら駆除すべき厄介者なのかもしれませんね。
しかも、この花が咲いてる時はアレルギー反応を起こす人も居るようです。
私はその点は問題ないので、好きなように撮ってます。
天然のエノキタケは、売ってるものとは全然違いますよ。
ご参考までに http://www.sansaikinoko.com/enoki.htm
今年はダメでしたが、毎年、自家製ナメタケを作ってました。
これは大根おろしと合わせると最高だよd(゚-^*)
Commented by jusokita at 2013-11-18 20:32
>sariさん
こんばんは。
一気にコメントをいただき、有難うございます^^
この時期の北海道は、晩秋と言うより既に初冬なのです。
先日の初積雪が札幌近郊でも50センチを超えたところが有りました。
多分、解けたと思うけどね。
セイタカアワダチソウは、夏に黄色く咲いている時よりも、この感じが好きです。
でも、外来種だから好きになっちゃダメなんだろうね。
しかし、あれほどに繁茂してしまうと、もう除草する手立ては無いのかも・・・


<< さよなら 秋      銀杏 >>