2014年 01月 23日

道北遠征 4

オオワシの最終となります。

今回の撮影は、カメラをセットしてから撤収まで約10時間に及んだ。
14時頃には、オオワシ達の戦いも終わり、1羽また1羽と山へ向かうのか飛び去って行った。


手前のボケ2羽は、ペンギンではありません^^;
a0114629_011642.jpg





a0114629_0114988.jpg




陽が傾き初め、辺りは金色を帯びた光が差し始める。 オジロワシ
a0114629_0125797.jpg




オオワシ達は低い太陽を眺めて、そろそろ帰ろうかと考えて居るようにも思えた。
a0114629_0165393.jpg




私達も撮影終了を決めたと同時に、ほぼ全てのワシも一斉に飛び立った。
最後まで残っていた1羽のオオワシが、サービスポーズを決めてくれた。
a0114629_020197.jpg



普段、風景をメインに撮っている自分にとって、これほどの長時間に渡って野生動物と向き合ったのは初めて。
緊張と興奮、驚きと喜びの余韻は今も続いているが、落ち着いて考えてみると、
如何に、今まで野生生物に対する接し方に無知だったかと思い知らされた。
これからの風景撮影、また、その時々に出会う生き物たちを見る目も、深く考え直さなければと痛感する。

オオワシシリーズ、お付き合いを頂きました皆様、有難うございました。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-01-23 00:41 | 北海道の風景 | Comments(16)
Commented by yah-_-yah at 2014-01-23 08:28
見事なオオワシ写真でした。

野生動物の撮影っていうのは、待ちと忍耐ですね。
空振りに終わることも多いでしょう。
何気ない1枚の写真の裏には、膨大な時間と忍耐が詰まってるのでしょうね。
だからこそ感動があるんだと思います。
野生動物にハマる理由がわかります。

ところで、け~ぞ~さんは今回どうしてオオワシを撮ろうと思ったのですか?
初めて行って撮影に成功したというのは結構すごいと思いますが、ここに行けば見れる可能性が高いという勝算があったのでしょうか?
Commented by sakura51136 at 2014-01-23 09:12
あっ、精悍!!(笑)

それにしても10時間とは恐れ入ります。
感動と興奮もすべて、一枚、一枚に詰まっている訳ですね。
すばらしい写真ありがとう御座いました♪♪

これで嵌ってしまうんじゃないですか??(笑)
今度から風景写真+動物写真家と言う事で・・・( ̄▽ ̄)
今度お会いしたら、裏話聞かせて下さい d(゚-^*)
Commented by jusokita at 2014-01-23 09:46
>yahさん
お早うございます。ご覧いただき有難うございました。
「道北遠征 2」でも書いていますが、今回はお声を掛けて頂いた
プロカメラマンの懐に入れて頂きました。私自身で思い立ったわけではないのです。
そこで、オオワシ撮影を出来たことよりも、その方の野生生物、そして撮影に対する思いを
学ばせて頂いたことのほうが、私にとってはかけがえの無い宝となりました。
Commented by jusokita at 2014-01-23 09:55
>sakura51136さん
お早うございます。  でしょ!^^
そうですね、一枚一枚を見返す度に、シャッターを切った時の場面が思い起こされます。
こちらこそお付き合い頂き、有難うございました。

あ、動物写真・・・・これは今日明日に切り替えられるものでも無く
見てくれる方に感動を与えられるような写真を撮るには、想像を絶する年月と
忍耐と努力が有ってこそ実現できるのです。
そういう事を今回は目の当たりにすることが出来ました。
Commented by yah-_-yah at 2014-01-23 13:36
そうだったんですね。
僕はてっきり現地でたまたまプロのカメラマンの方とお会いしたのかと思ってました。
それは貴重な体験をさせてもらいましたね。
Commented by jusokita at 2014-01-23 14:23
>yahさん
オオワシ撮影は昨年の11月からお声を掛けて頂き、今回に実現しました。
本当に一生忘れない体験と思い出を頂きました。
Commented by seamoonn at 2014-01-23 21:09 x
大鷲撮影記、ワクワクドキドキしながら見せていただきました~
大鷲の色々な表情、迫力のある姿、ほんの少し野生生物に
係っている私にとっては、遠巻きに見る大鷲と違って、羨ましい画像
が沢山あり見せていただいたことに感謝感謝でした。

素敵なプロのカメラマンさんのとの出会いで、野生生物とのかかわりや
撮影の苦労など、貴重な体験をなさったようで、撮るものが違っても
今後の撮影の参考になった事と思います。更なる飛躍を期待して
おりますよ(^^)
Commented by jusokita at 2014-01-23 21:42
>seamoonnさん
こんばんは。
今思えば、スローシャッターなど色々な撮り方をしてみれば良かったと
残念な気持ちが湧いてきますが、美しい姿をビシッと撮ろうと思うばかりで
さすがに気持ちに余裕が有りませんでした。
慣れた撮影であれば、色々と事前に考えることも出来ますが、
今回ばかりは、経験の未熟さを露呈してしまいましたね^^;

前夜の酒の席では、本当に貴重なお話を沢山聞かせて頂きました。
実は、それが聞きたくて仕方が無かったのです(笑
いつの日か、seamoonnさんのお話もじっくり、ゆっくりとお聞かせして頂くことが
今の私の大きな夢ですよ(〃'∇'〃)
Commented by mr_futchan at 2014-01-24 06:51
おはようございます。

今回こ撮影は、素晴らしい野生動物に
出会ったのみならず、
人との出会いもあり、
意義深いものになりましたね。

これからのご活躍を期待しています。
Commented by jusokita at 2014-01-24 08:21
> mr_futchanさん
お早うございます。
そうですね。二日間、ご一緒させて頂いた中でその方の人間性を垣間見ることが出来ました。
この経験は本当に貴重なものとなりました。感謝の気持ちが尽きません。
Commented by kushiya3661 at 2014-01-24 20:06
こんにちは。
バチピンでいいですね。
かっこいいショットです!
Commented by jusokita at 2014-01-24 22:18
> kushiya3661 さん
こんばんは。
有り難うございます。
静止している時はある程度絞れますが、飛んでる時はやはり厳しかったです。
Commented by rabbit at 2014-01-25 10:15 x
素敵な写真の数々、週末になって再度ゆっくりと見せていただきました。
喜多さんの宝物になりましたね。 (*^_^*) どれもすばらしいです。
よく見ると、雪がパラパラ降っているんですね~ 
そんな中何時間もずっと待ち続けるのは体力的にも大変だったでしょう。 お疲れ様でした。
Commented by jusokita at 2014-01-25 10:30
>rabbitさん
お早うございます。 ご覧いただき有難うございました。
写真もそして人との繋がりも、一生の宝となりました。
天候は、晴れ、大雪、曇、そして最後に夕陽が当たり、ある意味で最高でした!
じっと座ってるだけなのに、集中し続ける事での疲れは戻ってからドッとでましたね~。
Commented by sari-z at 2014-01-27 13:13
こんにちは
何度も拝見していたのですが。。諸事情でおそくなりました。

今回のオオワシ撮影は kitaさんにとって素晴らしい出会いがありましたね。
プロの方と接して いろんなこと感じて学ばれたことも沢山あったんでしょうね。
私までその緊張と興奮と感動が伝わってくる
素晴らしい写真を見せていただきました。
寒かったでしょうね。。でもとっても楽しい時間だったでしょうね。
白鳥に出会えた私みたいに^^ 
私は1時間半しか待っていませんけど^^;
kitaさんのこれから撮られる写真にも 大きな影響力がありますね。
楽しみにしています~!





Commented by jusokita at 2014-01-27 15:52
>sariさん
こんにちは。
大変な諸事情にも関わらず、見てくれてコメントくれて有難うね~^^
今回は、私はまるで学校の先生に従う児童みたいなものでした。
私に撮らせてあげたいと思う一心で、何時間も現れてくれないオオワシに、
プロはとても困惑していましたが、私は、もし来なかったとしても、そこに居られただけで満足していました。
勿論、残念な気持ちで帰路に就くことになるでしょうが、やはり出会いという大きな収穫を得られたからでしょうね。
sariさんの1時間半・・・それは決して短くはありませんよ。
自分の持てる時間を、どれだけギリギリまで有効に使うかって事ですからねd(゚-^*)


<< 雪印マーク      道北遠征 3 >>