札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ

2012年 12月 25日 ( 1 )


2012年 12月 25日

結晶

見慣れた様子なんだけれども・・・・

南国の人が見たら感動するだろうな~と、その輝きを見て改めて雪国に生きていることを喜んでいる。

雪の結晶は、たとえそれを見たことがない人でも知っているでしょう。雪印のマーク(笑
上空で出来た一粒一粒の結晶は、落ちてくる時に沢山くっつき合って、数ミリから大きければ
1㎝ほどの大きさになって地上に落ちてくる。

風が弱く気温が高いほどに、溶けて水分が多くなり、その粒は大きくなりますね。
その逆に、冷え込みが強くなると、限りなく単結晶に近い形で静かに舞い降りてくる。


六角形の形を保った結晶は、昼は太陽、夜は街明かりに反射し、美しく煌めく。



a0114629_19272235.jpg




12月で、この冷え込み! そして大雪! 記憶に無いですね~。
過去に、雪のないクリスマスを迎えた事もありました。

遅すぎた初雪は、更に何かを持ってくるはず・・・・と思っていたが、予感は当たった。
[PR]

by jusokita | 2012-12-25 19:34 | 自然現象 | Comments(16)