カテゴリ:建築物( 5 )


2013年 11月 08日

雨・・・・

札幌、日中はみぞれ混じりの激しい雨が降ったり止んだり・・・
というより、ずっと降ってるかな~。 

雪に変わるかもしれないが、タイヤはまだ替えていない。



今日は、70Dのボディをヤマダデンキで買った。
5年ほど使った50Dは、カメラのキタムラで、そのうち買い取って貰おうと思うが
1~2万がいいところかな^^; 持ってても使わないだろうし。



50Dでの最後の一枚。   だと思う(笑

晩秋の足長さん
a0114629_179881.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2013-11-08 17:10 | 建築物 | Comments(16)
2011年 11月 09日

三笠市 炭鉱跡地  11/11/6

美瑛の帰り道、桂沢ダムから三笠市を通るが、その際に幌内炭鉱跡地に立ち寄ってみた。

30年ほど前に2年間住んでいた町だ。
昭和50年の大事故の後に、石炭需要の変化から閉山となった。

自分の生まれ故郷、羽幌炭鉱とは違って、閉山後も人は住んでいる。
その幌内の奥の炭鉱施設を、初めて見てきた。


             変電所施設
a0114629_20181556.jpg



             笑ってるような・・・・・
a0114629_20192844.jpg




過ぎ去った40年の年月は、歴史の上では一瞬でしかないのだろうが、その間の出来事を
思いだせば、無限に沸き上がってくる。


近年、毎年一度は帰っていた生まれ故郷の羽幌炭鉱・築別鉱。
結局、今年は行かなかった。 行ったとしても、何も無いのだけれど。
[PR]

by jusokita | 2011-11-09 20:25 | 建築物 | Comments(2)
2010年 12月 28日

生まれ故郷は・・・

昨年までの数年間は、屋根なしでドライブを兼ねて、毎年独り訪れていた。

道北、苫前郡羽幌町旧築別炭鉱。
オロロンライン、日本海に面した港町・羽幌町から東の山へ約20キロ。
現在では人口0の廃墟が残る山林となってしまった。

地図上では、その地名の表示は消え、「はぼろ緑の村」となっているが、それも閉鎖された。

今年は、羽幌町の親類の葬儀で5月に行ったきり。
冬は、炭鉱跡地まで除雪は行われているのだろうか。


上部が選炭場になり、貨車に積み込む施設跡。
a0114629_93944.jpg




またいつか復活を待つかのように・・・・
a0114629_934534.jpg




壁面ブロックには不規則な穴が、まるで窓の様に空いて居た。閉山から約40年。
a0114629_941758.jpg




冬に行けるかな~。 それとも春だろうか。
今年の五月には、道端には沢山のカタクリが咲いて居た。

a0114629_91613.jpg

[PR]

by jusokita | 2010-12-28 09:11 | 建築物 | Comments(4)
2009年 04月 29日

ビールは何が好き?

私は、道産子であり札幌市在住。

なので、サッポロビールしか飲まない! な~んて事はアリマセン(笑
別に、のどを潤し、プハーーーッ!って出来ればアサヒだろうとキリンだろうと・・・・・・。

札幌市東区、サッポロビール工場跡博物館を歩いてきた。

サッポロビールといえば・・・・・と聞かれても、何が?って事になるだろうが、何処を取っても目に入るのが
「☆」のマーク。 建物のポイントとなる場所にはこの星のマークが目立つ。


a0114629_20153652.jpg



(拡大可)
a0114629_20162782.jpg



この夏は、夜空にポラリスを探しながら飲んでみませんか? サッポロビール。
[PR]

by jusokita | 2009-04-29 20:20 | 建築物 | Comments(7)
2009年 03月 11日

Sapporo Beer

別にビール好きと云うほどではない。

先日、業務の打ち合わせで行ったトステムショールーム。 お客さまとの待ち合わせ時間にチョット間があったので、その向かいにある 「サッポロビール博物館」 に足を向けてみた。


a0114629_1924118.jpg


【 博物館説明文のコピー 】
日本で唯一のビールに関する博物館です。
建物は、札幌製糖会社の工場として1890年(明治23年)に建設されたもので、1905年(明治38年)には当社の前身の札幌麦酒の製麦所に改修されました。旧北海道庁とともに明治の面影を残す数少ない貴重な文化遺産であり、「札幌苗穂地区の工場・記念館群」の一施設として北海遺産に選定されています


a0114629_1931317.jpg


建物の前にはこんな電話BOXがある。



内部の紹介。

a0114629_19323599.jpg




a0114629_19333811.jpg




a0114629_19345032.jpg




a0114629_19371579.jpg


こんな腹にはなりたくないものだ(笑





a0114629_19404354.jpg


冬枯れのツタも、夏には鬱蒼と葉が茂る。 その歴史を物語るようにツタの幹も10センチを超える太さにまで育っている。
ビールそのものの国内シェアは、サントリーにまで抜かれてしまったようで悲しい物はあるが、エビスなど、人気を保っている銘柄もある。 「サッポロ」と言う地名をブランド名にしているあたりが、本州以南の人にはイマイチ馴染めないという感もあるのかもしれない。
それでも、北海道民、そして札幌市民にとっては最も身近で、有名で、美味しいビールと強く思うのだ。

現在は、札幌市近郊の恵庭市に巨大な生産拠点を置いている。
そこには、キリンやサントリーのビール工場も隣接するが、支笏から流れてくるキレイな水がある、ということなんだろうか。


私にとって、サッポロビール と云えば! やはりこの人。 「男は黙ってサッポロビール」

a0114629_1955589.jpg

[PR]

by jusokita | 2009-03-11 19:58 | 建築物 | Comments(3)