<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 24日

もう稲刈りの季節

札幌市近郊、南幌町に朝陽を撮りに出かけてみた。

以前、逆さ虹を撮った場所。 千歳川の堤防上から夕張方面を望み朝陽を迎える。
まあ、あちこちポイントを探して走り回っている訳ではないので、手ごろな場所で練習といった感じ。

4時過ぎに家を出て、4時半頃に到着。 山の向こうは稜線が少し見えてきたかな~って程に暗い。
星が空一面に出ていたので快晴だ。 適当に雲が出ていてくれるとちょっとは絵になるんだがな~。


日没もそうだが、夜が明けていくのもあっという間だ。 夕張の山々の形ががハッキリと見えてきた。
オレンジの朝焼けと上空の青みの間は、ピンク色になっていた。

a0114629_19582874.jpg



なんのへんてつも無い田舎の夜明けの風景。 でも昼間とは違って見える。

a0114629_204950.jpg




明るくなるに連れて、目の前に広がる朝露に濡れた稲穂が、徐々に金色に輝いてきた。

a0114629_2054320.jpg




ついこの前に田植えが行われていたようにも感じるのに、早いもんだな~。
[PR]

by jusokita | 2009-09-24 20:06 | 風景 | Comments(2)
2009年 09月 21日

たった二人の撮影会

今日は、撮影会なるものに初めて参加してきた。

な~んて、そんな場に参加出来る様な自分ではないので、実際は私と先生の二人っきりの撮影会。
道南にお住まいの先生が札幌に用が有って来られて、その帰り道にご一緒させて頂いたのだ。

私はレンズ一本勝負(笑  それしか持ってないので(^^ゞ
グニャグニャ三脚も恥ずかしいので出さなかった。

場所はニセコ付近、ルスツ高原近くの公園で、被写体は「花」。
そこで、先生のマクロレンズをお借りしての初挑戦だった。 手持ちのレンズは18~200㎜の中途半端なレンズなので、ファインダーに映るマクロレンズのそれは私にとっては、非常に驚きで新鮮なものだった。約1時間、色々教えて頂いたが当然時間はあっという間に過ぎた。それでも普段、自己流でいい加減な撮影をしいる自分には、得るものは大きかったと思う。

a0114629_19453152.jpg



初めてのマクロレンズに戸惑い、緊張しながらの写真。 恥ずかしながらもUP出来るのは2枚だけ(笑


a0114629_19491695.jpg


  
何かと趣味においては一人での行動を好む自分なのだが、改めてその筋の達人に接する事の有意義さを思い知らされた。
さて、遠い地に住む先生に次にお会い出来るのはいつの日か・・・・・・
[PR]

by jusokita | 2009-09-21 19:57 | 植物 | Comments(4)
2009年 09月 18日

コスモスが満開!

去年まではコスモスなんて気にも留めなかったし、キレイだ~なんて感じることも無かった。

自分なりに『写真』って事を意識してカメラを持つようになってから、特に花は見るもの何でもキレイに見えるようになってきたのが不思議に思える。

a0114629_23191917.jpg


コスモスって、例えば広い庭でも小さい庭でも、何処も道路に面した場所に植えているようだ。
街路樹下の花壇に植えているところも多く見かける。 あの薄紫が気になりだすと、車で走っている時は常にコスモスの花が目に映るといっても大げさではないかもしれない。

a0114629_23205971.jpg



今日は非常に風が強く、狙った花にAFだとピントが合わずMFでの撮影だった。

a0114629_2330653.jpg

[PR]

by jusokita | 2009-09-18 23:30 | 北海道の季節 | Comments(4)
2009年 09月 05日

ニセコキャンプ

9月2日~3日。 平日ど真ん中に北海道の夏の終わりを、ニセコで満喫してきた。

古い友人4人と私。 この中には「雨男」が1名居たのだが、北海道の空は私たちの為にこの2日間に、日照不足が続いていた今夏を考えると、「神様~~アリガト~~♪」って叫びたくなるほどの晴天を恵んでくれた。

13時過ぎに現地入りし、早速遅い昼食の準備。 当然!青空の下、ビールで乾杯は忘れない(^^)
海鮮焼きとワインから始まり、お決まりのジンギスカンへと続く。 その頃には既に酔いも深く進み、陽が落ちてからは、焚き火を囲んで飲べえの仕上げへと続くのだ(笑

その夜は、満月の一歩手前で非常に月が明るかったが、それでも澄んだ空気のお陰で札幌よりも遥かに綺麗な星空が見えた。  そんな空と赤い炎を目に焼き付けて、皆静かに眠りに付いた。zzz


翌朝、私1人4時に起きた。 他の四人は死んだように眠っている。なにせまだ真っ暗だし。
この先は、自分ひとりの世界。 楽しみにしていたニセコの夜明けの撮影。 キャンプ場から出てすぐの場所では、蝦夷富士(羊蹄山)が良い形で望めるのもありがたい。

真っ暗に近い中、三脚を立てカメラをセットしたところで、羊蹄山の向こうからうっすらと光りが浮いてくる。
その真上には、明けの明星が輝いていた。

a0114629_2365682.jpg



この後は、刻一刻と光りと色が変化し、雲も目まぐるしく姿を変えていった。

a0114629_2310589.jpg



そして、何処から顔を出すのかとワクワクしていた時を迎えた。

a0114629_23125292.jpg



w(゚o゚)w オオー!  感動! こんな風景は多分生まれて初めてのように思う。
この場所では、私のほかにも3人の撮影者が居た。 そのうち2人はこの朝陽の直前に去って行った。
もったいない(笑


10月初旬にもここに来る予定。 更に陽が低く昇るので、今度はどの辺りからこの光りを拝めるか楽しみだ。晴れてくれればの話だが。 それまでは真面目な行いを心掛けるとしよう。(^^)  
[PR]

by jusokita | 2009-09-05 23:23 | 風景 | Comments(3)