<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 25日

知床ひとり旅 ・ Part 3

二日目は、朝方に降った雪でどこまでも真っ白に眩しい中を網走方面へ向かった。


サングラスを掛けなければ、又は瞼を半分閉じなければフロントガラスから正面をまともに向く事も出来ない程だ。純白の雪の明るさ、眩しさは太陽を直視した時の突き刺すようなそれとはちょっと違う。

目に映る全ての光景に乱反射した光が、どの方向からも眼球に迫って来るような感覚。
それでも、その白銀の世界を楽しみたく、全てを見逃すまいと思えばサングラスを通して見る事がもったいなく思えて来るのだ。 

a0114629_23431631.jpg



浜小清水で原生花園に立ち寄る。 花園と云っても何も無いのだが国道と海岸の間は丘陵になっていて、展望台もある。斜里港を出てからは海岸線から離れて走るために海の様子は見えなかった。
どんな海が眺められるかワクワクしながら展望台を登り、パッと広がった風景は・・・・・(T△T)


ここでは流氷は遥か沖に離れていた。
a0114629_23572491.jpg



暫し、流氷は無くとも氷のような冷たい海を眺め、ふと下を見ると真っ白な浜辺に人が。
a0114629_041736.jpg


雪に半分埋まってテントを張っていた。キャンプ?)゚0゚( ヒィィ  意外に死なない様だ(笑
流氷撮影目的だろうか。前夜までは岸まで迫っていた氷が翌朝には全て沖へと遠ざかり、風景が一変していたなんて事が良くあるらしい。


展望台から背後を見れば、そこは濤沸湖。 こちらは全てが氷結してまっ平らな雪の平原となっている。湖の西端(網走側)には白鳥公園という看板が見えたので立ち寄った。
一部だけ氷が張らず、そこに水鳥たちが集まっていた。売店で餌を売っており観光客がばらまく餌に寄って来ている。

a0114629_0131275.jpg


カモメを除けば全てが渡り鳥。野生だろう。 特に保護するべき鳥類では無いと思うが、観光客は何処の地でも餌を与えたがる。 官庁管理の公園では野生動物に餌を与える事を禁じている所は多いが、そういう規制は同じ北海道でも一貫していないようだ。 野生のクマに与えることは有る意味で「殺人行為」に等しいとも言えるために、モラル以前の問題だが、白鳥などの水鳥にも餌を与えるのは、客寄せだけであって他に利点は無く、けっして良いとは思えないのだが・・・・



ここ濤沸湖の周辺では、オオワシやオジロワシが見られると聞いていた。 とは言ってもどの辺りに居るのかも分からず、とりあえずキョロキョロ脇見をしながら湖岸を回る道を進むと、早速その姿を確認できた。

道路から20mほど離れて、高い木の上に居たのはオジロワシ!
a0114629_0322325.jpg


初めて生で見る! 実にどっしりと悠然としていて、大きく黄色い嘴がなんとも誇らしげだ!
これはオオワシにも出会えると期待して湖を一回りしたが、結局一羽も見つけられなかった(-。-;)


今日の網走方面はここまでとし、濤沸湖を離れる前にコンビニで昼食を買いこみ、店の前で地元の年配男性にオオワシなどが見られるポイントを訪ねてみると、ヤンベツ川の辺りだと教えてくれた。


つづく。
[PR]

by jusokita | 2010-02-25 00:46 | 冬景色 | Comments(6)
2010年 02月 20日

知床ひとり旅 ・ Part 2

道の液・シリエトクでの車中泊。 冬季の車中泊では初めてエンジンを切って暖房なしの睡眠を試してみた。上下スキーウェアを着て寝袋にくるまる。

ワインでしっかりと酔いが回っていたので、寝付くまではそう時間は掛からない。普段からどんな状況でもすぐに眠りに付けるので問題は無かった。

しかし、ここは厳冬の知床。そう甘くは無かった。夜中に寒さで何度目を覚ましたことだろうか。
それでもまたすぐに眠りに落ちて行くので、エンジンを掛けるという行動にまでは達しない。

だが、ついに耐えきれず体を起こした時は目覚ましアラーム寸前の5時だった。窓ガラスに付いた曇りは氷の結晶になっていた。


2日目の予定は、行先は決めないが網走付近までを目的に、その途中の冬景色と運が良ければオオワシやオジロワシをカメラに収めたいと考えていた。もちろん!流氷は言うまでも無くである。


5時半過ぎに走りだす。
昨夜、知床半島に入り海岸線をウトロに向かっている途中に、道路工事現場の照明に照らされて海面を埋め尽くしていた流氷を確認していた。 


ウトロを出て間もない海岸から見る、夜明け前の流氷。
a0114629_2056547.jpg



このあと斜里町付近で明るくなるが、同時に雪模様となった。それでも薄く低い雪雲のためか雪が舞いながらも非常に明るかった。多分すぐに止む雪と容易に想像が出来たが、思った通り午前8時にはほぼ快晴の天気となった。 

真っ白な雪原は、100%まぶたを開けて見る事が出来ないほどの眩しさだ。
斜里港に立ち寄ってみた。 流氷が港内までを埋め尽くし、漁船は陸揚げされ冬休みの状態か。
a0114629_2155118.jpg



無造作に積み上げられた網とブイの塊が、更にその寒さを感じさせる。体感気温は-10度以下。
a0114629_2192914.jpg



流氷が押し寄せるこの時期、半島周辺の港は全て休漁になるのだろうか?



港を出て、斜里国道(244号)を網走方面へ走る。 その道で恐怖を味わった)゚0゚( ヒィィ
直線道路ではあるが、路面にはうっすらと氷に覆われている状態。 普通に真っすぐ走行している時に、突然、車体がすーーーっと斜めになった。態勢を立て直そうとハンドル当てるも、対向車線にはみ出してしまう。幸いに対向車が居なかったから良かったが、冷や汗ものだった(;一_一)
前を走る車も、まるで水面を漂うかのようにフワフワと左右に振られながら走っていた。 こんな道路でも大型のトラックや観光バスがひっきりなしに行き来しているので、とてもじゃないが一時避難と云う事で脇道に入った。


そして、ふと周りを見渡せば、ここぞビューポイントと云わんばかりの雪景色が広がっていた!

a0114629_21261623.jpg



 
a0114629_21284518.jpg




a0114629_2132597.jpg





しばし眩しさにまともに目が開けられない状態で感動しつつ撮影を続け、この後は、小清水原生花園~濤沸湖周辺へと向かった。
[PR]

by jusokita | 2010-02-20 21:35 | 冬景色 | Comments(3)
2010年 02月 19日

知床ひとり旅 ・ Part 1

今冬の札幌、昨年の初雪も遅く小雪が続いた。 
気象庁の当たらない長期予報は「暖冬、小雪、春の訪れは早い」と。珍しく当たりそうな状況は年末まで続いたが、それは札幌だけの話で道内の他の地域は例年に無く大雪に見舞われていた。

慌てた気象庁は修正を発表する始末。(笑  
函館周辺や、道北の幌加内町朱鞠内では過去に例を見ないほどの積雪量、降雪量となったようだ。

札幌だけは春は早いか? とも思われたが、やはり帳尻合わせのドカ雪が新年早々にやって来た。
現在は平年並みではないだろうか。

さて、今冬は昨年の秋から冬景色撮影を非常に楽しみにしていた。 12月になってもなかなか白銀の世界と云えるような風景が見当たらずヤキモキしていたが、1月には念願かなって美瑛~富良野方面での撮影を実現できた。 しかし、それも乏しい経験の結果、露出や色調の設定失敗に終わる(-。-;)

そんな鬱憤晴らしに思い立ったのが、知床!
先ず、冬の知床へ行った記憶が無い。 そして、流氷を見たことが無い。 美瑛と並んで撮ってみたい冬景色との思いは昨年から頭には有ったが、行くとなれば時期とタイミングだ。

当然、札幌からの距離を考えれば最低でも一泊。いや、一泊では話にならないだろう。
2泊となれば仕事の状況をみて、日取りを判断しなければならないが、天気状況も大事だ。

そんな事で、2月12日の朝にその日の昼から出発を決断した。
準備と云っても車中泊なので、適当な着替えと寝袋。そして常時車に積んであるスノーシュー。

昼前に仕事を終え、後は一旦自宅に戻り天気状況や流氷の接岸情報を確認して、カメラを積んで出るだけ! と、ワクワクしながら戻っている途中に妻からTELが入った。
「車のエンジンが掛からない~~」 (T△T)
戻って調べた結果、バッテリーあがりだった。 どうしてこんな時にそんなトラブルが発生するんだ! ちょっと嫌な予感を感じながらもホームセンターにバッテリーを買いに走り、交換を済ませた。

結局、予定から2時間遅れの13時半に出発。


初日の目的はウトロでのオーロラファンタジー。20時開演。
国道274号を東へ走り、占冠から道東道に乗る。ほとんど車は走っていない。こんな高速道こそ無料にする価値があるんじゃないだろうか。

a0114629_23194846.jpg



道東道終点の足寄で出て、そのあとは道を間違えないよう地図を確認しながら既に暗くなった道を飛ばす。
走る事6時間。 目的のファンタジーショーには10分前に会場入り出来た。


さあ! 初めて見るレーザー光線のオーロラショー! いったいどんなモノなのか。
自分のイメージしていた感じでは、その光が数百メートルも伸びる壮大な打ち上げ花火ほどのスケールと思っていた。 が! それはそれは・・・・・・

a0114629_2332656.jpg


手前の人影と比較すれば、その規模が分かる(笑
6時間、これを初日の撮影目的として走って来たにしては、ちょっと残念な思いだった。
しかし、気温は氷点下10度を下回っているのは確実。そんな中、毎夜観光客を楽しませようと精を出している現地の方々には、「お疲れさま~」と言いたい。

ただ、光を映すために焚いていた煙が、非常に喉障りだった(+o+)


初日はここでお終い。「道の駅・シリエトク」で、セイコーマートで買ったワインを飲んで就寝。
[PR]

by jusokita | 2010-02-19 23:42 | 冬景色 | Comments(3)
2010年 02月 06日

さっぽろ雪まつり

開幕しましたね。

61回目を迎えた雪まつり。いつ頃からこの時期に開催されるようになったのだろうか。
節分過ぎれば・・・・・と云うが、2月の初旬は北海道では1年で最も寒さが厳しい時だ。

降雪の多い1月に、そのために必要とする真っ白な雪を郊外から集めてくる。
そして、寒さ最高潮の時に合わせ全国各地、更に海外からも多くの観光客を呼び込む。
祭り初日の午後に会場の様子をうかがって来た。
まあまあ本当に寒い中、よく集まってくれるもんですね~。

お土産に鮭を買った? そんなわけ無いでしょう(笑
a0114629_2055148.jpg




会場に設営されたジャンプ台では、スノーボーダーが元気に飛んでました。
なぜ彼らは、ズボンを下げてるのでしょうか。 私の七不思議のひとつです。

a0114629_2010698.jpg




毎年目にする大雪像。去年はなんだった? 記憶からは必ず消えてくれる(笑
しかし今年は一つだけ印象に残った像があった。

a0114629_2013274.jpg


円山動物園の人気者かな? ヒョウだろうか。 トラには見えないが。


夜間にも行ってみたいのだが、日中でさえ手の感覚が無くなる寒さ。 夜間となればおでこの霜焼けも覚悟が必要だ。 さて、どうしよう・・・・・・
ともたもたしてる間に祭りは終わってしまうのだ(^^ゞ

自衛隊の方々はじめ、製作・運営に携わる皆様、本当にご苦労さまです。
[PR]

by jusokita | 2010-02-06 20:20 | 冬景色 | Comments(4)