<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 26日

知床ひとり旅 ・ Part 7 (最終)

2月12日~14日と、3日間の知床ひとり旅も最後の一日となった。 当たり前だが過ぎてしまえばあっという間の出来事。

最近、旅行と云えるような遠方へ足を伸ばす事も少なくなったが、その都度、最終日には時間の過ぎる速さを悲しいほどに感じ、なぜ時は止まってくれないのかと考えてしまう。

旅行に出かける際には、極ちかい未来に必ず「あ~もうお終いか~」と嘆く自分が見えていたりするのだが、こればかりはどうする事も出来ないのだ。
時の過ぎるのが長く感じられる方法が有るとすれば、眠くもないのに布団に入っている事くらいしかないだろう(笑


ウトロでの夕景撮影を終え、2夜目は網走市郊外の海岸沿いに見つけたパーキング。そこに着いた時は既に22時を回っており、夕食時に飲んだものが何故か眠くなる薬のようだったので、目覚ましを5時にセットしてさっさと眠りに付いた。 前夜の寒さには懲りたのでヒーターを入れて寝る。


寒さで何度も目が覚めたのとは逆に、今度は暑くて目が覚めた(笑  セットしたアラームが鳴る1分前だったような記憶がある。 外はまだ真っ暗だが、東の空が白んで来るのは時間の問題。 昨夜から考えていた朝陽撮影ポイントの能取岬を目指す。 

急ぎ車を走らせてる間にも、刻々知床半島方面の空が黒から濃紺へ。そして濃い灰色の雲の形も見えて来る。この日の日の出時間は把握して居なかったが、岬駐車場に付いた時は既に遠くの空に赤みが差して来ていた。 先客の車が2台。 カメラ、防寒着を急ぎ準備してポイントに向かった。
風は無く穏やかではあるが、感じる気温はマイナス15度くらいだろうか。 三脚にカメラをセットして、余裕など無い。 赤くなり始めた知床の空を撮り始める。


眼下に一度寄せて沖に逃げた流氷の残りが有った。 流氷が無くとも海面はマダラ模様にうっすらと氷が張っているように見える。

a0114629_2211232.jpg




知床半島に上る朝陽。 ひとり旅のクライマックスだった。

a0114629_225463.jpg




ポイントに着いた時は先客が3名だったが、この極寒の中、知らぬ間に10名近くになっていた。

a0114629_2210338.jpg




ここでもあっという間に時間が過ぎ、凍るような空気の中1時間ほどシャッターを切り続けた。
うっかりホッカイロを忘れた為に、手は毛糸の手袋の中でも感覚が無くなっていた。


初めての知床ひとり旅。幸運にも流氷、動物、そして最後に朝陽と天候に恵まれ、路外転落する事も無く無事に三日間を終える事が出来た。  が! 帰りは札幌までの遠い道のり!
しかし、気持ちは満ち足りているので来る時ほどに脇見をすることも無いだろう(^^ゞ

来た道とほぼ同じルートを戻る。 足寄から道東道を進み日高山脈を突き抜ける。 遠くから日高の山並みを正面に見ながら進むと、大きく白い山の懐に吸い込まれて行くように感じられた。

a0114629_22285990.jpg



昨年の夏に続いて、厳冬の知床は更に素晴らしい北海道を見せてくれた。
今年の夏から秋、またここで遊ばせて頂く予定。


お粗末な日記にもかかわらず、Part1からお付き合い頂いた皆様に感謝いたします。
有難うございました(^^)
[PR]

by jusokita | 2010-03-26 22:38 | 冬景色 | Comments(4)
2010年 03月 20日

知床ひとり旅 ・ Part 6

知床ひとり・・・・・あっという間に2日目も夕方に近付いた。

ウトロの町から知床峠方向に進み、坂道を登る。 少し進んだ所で数名の観光客がグループで道路を歩いていた。山側の斜面にはエゾシカの群れが。反対には見下ろすようにウトロの港、そして流氷に埋め尽くされた海が何処までも続く。 

観光客にとっては、この時期では最も美味しい場所なのかもしれない。


a0114629_2330304.jpg
 


流氷の海。見た事が無い人にとって想像が付くだろうか。 直径5~10mほども有ろうかと思われるような蓮葉の形をした分厚い氷の板が、ぶつかり合い重なり合いながら海面を覆っている。
見た目には動いて居ないように見えるので、それが海水に浮いているようには思えないのだ。


a0114629_23375151.jpg



ここからの眺め。知らなかったのだがウトロ夕景を撮る一級ポイントだったらしく、私が着いた時は既に大勢のカメラマンが場所を埋めていた。 年配の男性が殆どで、みな夕刻を待ち準備万端という様子だった。自分はこの列の中に入れるのか?  初めての経験なのだ。こんな場面は(汗

ひとまず、様子を見て回る。 明らかに超高級カメラ!と思えるのも居れば、あ、自分と同じレベルだぞって人も意外に居る(^^)  コンデジの操作談義を大声でやってる人も居たし(笑
これは何も尻込みする必要は無いな~って事で、隙間を見つけて三脚を立てた。

a0114629_23505481.jpg



直後に私の横に2人組の男性が三脚を構えた。 40代に見える一人はゴツイ三脚にフィルムカメラだ。連れの60代とも思える方に色々アドバイスを与えていた。
会話に聞き耳を立てていると、と云うより聞こえて来るのだが「・・・・・K5600くらい・・・」と。
お!と思い自分の設定を確認すると同じだった。イシシ(^^)

こうして砲列の中に混じってしまえば、別に素人としての恥ずかしさなど消えてしまっていた。
思い切って、と云うほどでもないがその二人連れに話しかけてみた。
なんと!埼玉から来たという。しかも毎年のように知床を目指して来るのだと。 恐れ入った。
生来、北海道に居ながら初めての流氷観光だと云うのに、なんちゅうこっちゃ!(^^ゞ

互いに情報交換など交えて話をしているうちに、陽が落ちかけて来た。


待ちに待った知床・流氷のウトロ夕景が目の前に広がった。 みなシャッターを切り始めた。

a0114629_09482.jpg



真っ赤に染まった訳ではないが、初めての撮影旅行としては幸運の眺めと思えた。

a0114629_0124978.jpg



昼間は白一色に眩しかった流氷も、徐々に重い色へと変わって行く。

a0114629_0161292.jpg



そして、ウトロの夕陽は流氷の向こうに沈んだ。

a0114629_0181065.jpg




この夜は、明日の朝陽を迎えるために網走方面へ移動し、車中泊となる。
前日から顔も洗って居なかったので、風呂に入りたくて堪らなかった。「斜里温泉」の看板を見つけお湯に浸かりサッパリとしてから夕食に。

斜里の町で小さな居酒屋にでも、と思っていたのだが車を止める場所が無く、つぼ八に(笑

2泊目はエンジンを掛けて、ヒーターを入れて寝た。 朝陽を夢見てzzz



つづく
[PR]

by jusokita | 2010-03-20 00:31 | 冬景色 | Comments(4)
2010年 03月 13日

知床ひとり旅 ・ Part 5

もう日記じゃなくて、回想録になってしまった(^^ゞ


知床2日目は、ウトロから網走方面へ向かい再びウトロへと戻った。
さて、どこまで書いたか・・・・・そうそう、猫に会ったんだ。

海別岳の山裾から再び海岸線に戻り、一本道を走る。何処までも透き通るような青い空と、右手には奥に遠音別岳、左には水平線まで続く流氷のオホーツク。同じ北海道と云えども札幌周辺ではお目に掛かれない風景。 日常目にする眺めからは極端にかけ離れた「映像」が、脇見などせずともず~っと目に映り続ける。

この地に住む人々には、どんなふうに映っているんだろう。


適当に車を止められそうな場所を見つけて、海岸に降りてみた。
流氷以外に何も無いって眺めだが、ビューポイントらしく数台の観光客らしき車が止まっていた。
目の前に広がるのは、ただただ眩しく白く光る流氷のみ! 生まれて初めてみる風景だ!

子連れの家族が、それを背景に記念撮影中。
a0114629_0162722.jpg


あの子供は、何を感じてるんだろうな~。 きっと「なんでこんな場所で?」なんて思ってるかな(笑


この流氷は何処からやって来るのか。
ユーラシア大陸東部に流れる巨大河川・アムール川から流れ込んだ水が凍り、遥々サハリン北部から南下してくる。それに乗って渡って来るオジロワシやキタキツネ、アザラシも居るとか。
こんな自然の営みがいったいいつから続いてたのか、想像してみると如何に人間の存在がこの自然の中では小さな物かが感じられる。

下記で網走沖の流氷の様子が衛星写真で見る事が出来る。 まるで生き物のようだ!
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a5/Ice_floes_of_Hokkaido_PIA12056.jpg


この日はウトロからの夕景を見るのが、朝から取って置きの楽しみだった。
まだ明るいうちにウトロに到着。 海岸で何処からその夕景を撮ろうかと考えながら歩いていると、大きな岩の上にオジロワシを発見! 遠すぎる~~(T△T)
a0114629_0441716.jpg



300㎜限界~~~
a0114629_045745.jpg



更に別な場所でも発見! 何を捕えたか岩の上で食事中。
a0114629_0491356.jpg



ふと、背後を振り返ると崖の上に動くモノが。
まるで垂直に見える絶壁を、エゾシカの群れが餌を求めて集まっていた。 いやいや見てるだけでもハラハラするような岩場を、難なく歩いているように見えるが奴らも厳冬期の餌探しに必死!
中には転落して息絶える者も居るんじゃないだろうか。 増えすぎたエゾシカが全道的に問題になっているが、天敵のオオカミが絶滅した今となっては、エゾシカのこんな行動も「自然」と云う事なんだろうか。
a0114629_0595589.jpg



で、再び海岸を見ると・・・・・・オジロが逃げた~~~(T△T)

a0114629_121784.jpg




さて、そろそろ夕景撮影ポイントを探さなきゃ! ということで、ウトロ海岸線から知床峠方面へと向かう道(峠は冬季間通行止め)が何処まで行けるのかと思い、向かってみる事に。

と、その途中で変な生き物が目に飛び込んできた! 何だ~あれは?(笑

a0114629_193689.jpg



どうやら、流氷の海に潜って遊ぶ「体験ツアー」の一行らしい。
クリオネに会えたのかな~。 寒い中、お疲れ様でした(^^ゞ

a0114629_1134934.jpg




つづく。
[PR]

by jusokita | 2010-03-13 01:19 | 冬景色 | Comments(4)
2010年 03月 02日

知床ひとり旅 ・ Part 4

知床日記も、あまり間を空けてしまうと記憶が薄れるので、ちゃんと最後まで書かねば(笑


さて、2日目の午後。
濤沸湖をぐるりと回ったが、その後は猛禽類に出会えず。 網走周辺はここを折り返し点として再び知床半島を目指す。 ウトロからの夕景が本日のお楽しみだった。

濤沸湖からの離れ際に地元の方に頂いた情報を頼りに、ヤンベツ川にそって斜里方面へ走る。
情報によるとオジロワシが良く見られ、運が良ければオオワシにも会えるらしい。 期待に胸を躍らせながら走る事数分。 

居た!(◎_◎;)

a0114629_22491845.jpg



肉眼ではトンビにしか見えない(T△T)  それほど距離が有る。
50m以内に近付くと飛び去ってしまった。 上の写真は道路から撮ったもの。
更に遠くには数羽が平地で羽を休めている。 500mmでも持っているなら別だが、200mmで撮るには、とにかく近付かなくては話にならない。 早速スノーシューを履き、川沿いに踏み込み静かに近寄って行く。

1羽、2羽と逃げて行き、三羽が視界に残った。 ここで限界と諦め斜里岳を背景にファインダーを覗いていると偶然にフレームの中に白鳥の群れが入りこんだ!  おーー!チャンス!

a0114629_230818.jpg


あとで見て気付いたのだが、オオワシが1羽混じっていた。肉眼で黄色い嘴は確認できなかったが、羽の白い帯はハッキリと分かる。
地元の方に教えて頂いたお陰で、会える事が出来た。そうでなければこの道へは入って来なかったのだ。旅の最中ではモノを尋ねるには、そこの住民が一番だな! 聞いた話では、同じ目的でこの地に来ている人から情報を得ようとしても、逆に嫌な思いをさせられるなんて事も有るらしい。


鳥たちに別れを告げ、一路半島を目指す。
東へ直線的に走り、斜里町を過ぎ更に進むと小さなスキー場が右手に見えてきた。その後方には海別岳が真っ青な空に白く綺麗に輝いていた。 そのスキー場の辺りから山裾へ登って行くような道が有ったので、何処に辿りつくかは分からないが、とにかく進んでみた。斜面に造られた畑を縫うように進む道は、まるで林道のように曲がり、車1台がやっと走れる程度の除雪がされていた。もし対向車が来たら、待避所など有るはずもなく、どちらかがそれぞれの始点までバックで戻らなければならない。そんな恐怖を想像しながらひたすら走った。

数キロ進んだ所で、そんな恐怖も忘れるような眺めが広がった。 


海別岳
a0114629_23231413.jpg
 


その裾野の風景
a0114629_2341551.jpg



色々な構図を考えながら、1時間でも2時間でも撮っていたい気もちになるような場所だったが、車が来た時の事を考えると、そうも云ってられなかった(ノ_-。)


そこから少し進んだ所で、伐採された材木が積まれている場所に出た。ここの作業の為に除雪された道路だった訳だ。 そしてこの日は休みだったらしい(笑   誰も居ない~~
そして、眼下には流氷に埋まったオホーツクが広がっていた。

a0114629_23352338.jpg


それでも、下る時に誰も来ないとは限らないので、戻りは逸脱しない程度に飛ばした。



無事に裾の道まで辿りついたら、出会った猫がドキドキだった気もちを和ませてくれた(*'-'*)

a0114629_23393437.jpg




つづく
[PR]

by jusokita | 2010-03-02 23:42 | 冬景色 | Comments(4)