<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 25日

雨上がりの美瑛

今年4度目の美瑛。
1月、7月、そして8月に2度。 21日(土)の午後に札幌を出て車中泊。 今回は一人。

夏の美瑛は雨が多いのかな~。1月を除いて3回とも雨だった。
今回は、夜明けまで豪雨! 陽が昇ってからは晴天に恵まれたが、狙った場所での夜明けの風景はいい雰囲気で朝霧が掛かってはいたものの、空気全体が湿って霞みが掛かっていた。

四季彩の丘は秋の花が満開となっていたらしいが、風景としては観光的花畑は好まない。

パッチワークの丘には殆ど観光客の姿は見られなかったが、年配の夫婦がひと組、丘の眺めに溶け込んで歩いていた。

a0114629_22281123.jpg



その後、あちこち走り回るもコレと云った絵を切り取る事が出来ずじまい(ノ_-。)
まだ見た事の無い美瑛の秋ってどんなだろう。 
カラッとして澄んだ空気の美瑛を見てみたい。


残暑が厳しい美瑛では、まだまだヒマワリが元気に太陽を見ていました。

a0114629_22351196.jpg

[PR]

by jusokita | 2010-08-25 22:36 | Comments(6)
2010年 08月 14日

1年振りのイワナ釣り

北海道の河川禁漁期間は道北が5~6月、道南が4~5月。
サケ類の稚魚が海へ下る時期にそれらを保護すると云う目的らしいが、何れにしろその時期は水温が低く、また雪代(雪解け水)が川に溢れ釣りになどならないのではあるが(笑

そして札幌周辺の川が解禁となる6月。川では水温上昇と共にブヨが大量に発生する。
そんな中での渓流釣りはブヨとの戦いといっても良いくらいだ。
ミチ糸の目印に視点を集中させじっとしていると、顔の周りには無数のブヨの大群が集まって来る。

魚信が来た時には頭上の枝に注意する事と、イワナを足元に寄せて来る事と、ブヨを左手で追い払うという行動を同時に行うのである。
ブヨに気を取られ不意に掛かったイワナがバレた時は覆いかぶさる木の枝に、反動で飛んだ仕掛けが絡まる事もある。そんな時は大きなイワナを逃がした事異以上にガックリと来るものだ(ノ_-。)


11日(水)。
小樽から山を越え赤井川村山中の沢を狙う。今頃になると薮蚊は少し居るがブヨは姿を消す。
前夜から現地に入り車中泊で夜明けを待った。4時半に目が覚め車窓から見えた空が燃えているのに気付き急いで外へ出た。 朝焼けだ! それも過去に見た事も無い様な空全体がオレンジ掛かった金色に輝いていたのだ。

〈拡大可〉
a0114629_185763.jpg



その輝き方があまりに激しく異様にさえも見えた。
大漁の前兆か、雨の前兆か・・・・入渓の前に何か得した様な気分で沢に向かった。


思った通り、川に着いた途端雨が降り出した。大降りにならない事を祈って遡上を始めた。
雨の多い夏のせいか、水量は5割ほど多い感じ。2倍になると歩く事も出来ないほどの狭い川なので雨模様を伺いながらの釣りとなったが、今年は踏み跡の様子から釣り人がほとんど入って居ないと見えて、水が多いためにバラけてしまった少ないポイントでは、確実にイワナがヒット。

あと100~200mほどで辿り着くいつもの尺イワナ期待の折り返しポイントは、雨が降り続いたために増水の危険が有る事と、予定の20尾に達したためにチョット心残りでは有ったが引き返した。


午前9:30。釣果。
イワナ17尾(13~25㎝) オショロコマ2尾、 ニジマス1尾。

〈拡大可)
a0114629_19132788.jpg




13日(金)は、午後から近所の親せきが遊びに来て、イワナ塩焼きを堪能した。
a0114629_19152676.jpg


山の恵みに感謝(^^)
[PR]

by jusokita | 2010-08-14 19:18 | 北海道の季節 | Comments(4)
2010年 08月 08日

函館は暑かった~

4~6日、家族で道南へドライブ旅行に行って来た。

車はハイエース。5人でも窮屈さは感じない。
自家用車での旅行は、運転手の苦労を除けば自由に行動できるのがイイ。

しかし、この夏の北海道。何処へ行っても観測史上最高!って暑さに見舞われている。
真夏でも最高気温が20度に達しない事が普通の「釧路市民」もビックリだろう。

まあ、本州の38度超って程ではないにしても、冬には最高気温が氷点下という北海道民としては一般住宅にエアコン設備が無いのが普通なので、30度超えがどれほど辛いかワカルカナ~。


そんな中、道南の暑さも例外では無かった。

函館・五稜郭公園の五稜郭タワー。
a0114629_9592588.jpg
Canon EOS 50D 18-200IS USM f10 1/250 ISO100

暑さに参り、ここには上らずお土産を物色し早々に車に戻った。


このところ毎年の様に「異常気象」と言われて気候の変動が激しいが、例え冬の猛吹雪や低温で体調を崩したり無くなる人は多くは無いが、夏の猛暑はこの先も毎年の様に最高気温が更新されると「過ごしやすい北海道の夏」って言葉も忘れられてしまうんじゃないだろうか。
道産子としては、非常に危機感を覚える。


来年は自宅にエアコンが必要かな~・・・
[PR]

by jusokita | 2010-08-08 10:15 | 北海道の季節 | Comments(4)