<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

伝わらない悲しみ

東千歳、キタキツネには既に春がやって来たようだ。

a0114629_1163338.jpg




この日は、夕方目掛けて向かったのだが、キタキツネ大当たり日となった。
向かう途中の長沼町・国道脇に西陽を受けて寝ているキタキツネを発見。

a0114629_118342.jpg




そして、ずっと狙っていた光景に入ってくれた。
a0114629_1221776.jpg

これをA4プリントし、家族に自慢気に見せたその反応は・・・・・・・

妻 「(゚m゚*)プッ なにコレ~ なんで色付けたの? なんか変~~~ 合成みたい~」。

娘 「アハハ アハハ アハハハハハ(*´∀`*)」


    (T△T)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-28 01:31 | 北海道の風景 | Comments(12)
2014年 02月 15日

ハズレの日

14、15日と続けて行った東千歳。
両日とも「晴れ!」の予報が出ていたが、曇で朝陽は見られず、キタキツネにも会えず。

今朝は夜明け前の月狙いだったが、月はどこ~~~~? って感じだった。
日の出時刻を過ぎても、雲は晴れず諦めて帰路に着いた時に、振り返ると変な雲が。



雲の波に揺れる朝陽
a0114629_11101123.jpg


マイナス10度くらいだったろうか、さほど寒さは感じない。
暫くまとまった降雪が無い札幌。徐々に春の気配を感じますね。
それにしても、関東圏の大雪には驚かされる。
雪国であれば、玄関先には原色系の除雪グッズが並べてあるのが普通。
そんなものなど、あちらではホームセンターにも売ってないのだろう、きっと。
先日のニュースでは、ちり取りで雪をすくってハネている市民の姿が有ったが、笑ってしまった。

こちらから見れば、あの程度の雪で、何もかもがストップしてしまう? などと思ってしまうが
首都がそんなんで良いのだろうか。
いつ来るかも分からない地震津波対策にばかり気を取られ、
現実に高い確率で起こりうる大雪には、全くの無防備。
新都知事さん、なにか考えてるのかい?



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-15 11:23 | 北海道の風景 | Comments(14)
2014年 02月 12日

夕張岳シルエット

今朝の気温は、予報通りマイナス12度くらいだっただろうか。
先日の今期最強の冷え込みの時よりも、霧氷は満開となっていた。
千歳川から上がる気嵐も非常に濃く、長沼町の平坦地の木々も見事に白かった!



日の出前、全容を表した夕張岳。(拡大可)
a0114629_17375152.jpg





ほぼ無風と感じたが、霧はみるみるうちに姿を変えて流れる。 
a0114629_1741593.jpg

この直後、右の木の根元からキタキツネがひょっこりと顔を出した。



日の出と共に出勤 (拡大可)
a0114629_17461971.jpg


連日のキタキツネとの出会いはラッキーだったが、いつまでも運任せでは撮れるものも撮れない。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-12 17:52 | 北海道の風景 | Comments(10)
2014年 02月 11日

さっぽろ雪まつり~小樽・雪あかりの路

三連休ってわけでは無いのだが、10日は冬のイベント2箇所を回った。

さっぽろ雪まつり・大通会場は、たまたまチョイ仕事が街の真ん中で有ったので
それを済ませてお昼前に3丁目会場だけ見てきた。



飛んでました! ビルの谷間を!
a0114629_20561827.jpg





a0114629_20571939.jpg





女性です!
a0114629_20574462.jpg


ここだけ撮って、私の今年の雪まつりは終わりました(笑
そして、夕刻目掛けて小樽へ。

昨年は行かなかったな~。
1年空けると、何故か行ってみたくなる・・・・・・のだが、
いざ、会場を歩いてみると、何を、何処を撮って良いのか分からない。
元々、こういったイベントを好きに慣れないのかもしれないな~。

定番の運河では、レンズを向けてもどう撮って良いのか分からなくなった。
で、ファインダーを覗いたらこんな感じだったので、そのまま切った。
a0114629_21122545.jpg





a0114629_213639.jpg




会場から脇に反れ、裏路地を覗いてみる。 やはり、こちらの方が好きだ。
a0114629_2145325.jpg




一見して、何の「Shop」かは分からない。
a0114629_216813.jpg


圧雪でアスファルトが見えない道、そして店先に積まれた雪。
それに外灯が反射して、薄暗いはずの裏路地が明るく感じるのだ。

つまり、それこそが本来の意味の「雪あかりの路」なのだと、私は思う。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-11 21:15 | 北海道の風景 | Comments(2)
2014年 02月 08日

マイナス18度

北海道各地、今冬の最低気温を観測したようですね。
内陸の何処だかでは、マイナス30度以下ですよ。 私には未体験ゾーンです。

東千歳も、今冬最低かな? マイナス18度の予報通り、手足が痛くなった(*_*;
本日は、リンクを頂いているHinajii Yoshino様と現地交流でした。
いつもひとりですが、お付き合いを頂き、有難うございました。



今朝は霧氷は満開だったが、雲ひとつ無い快晴だった為に朝焼けとはならず
オレンジに染まる霧氷と雪原は見られなかった。

a0114629_16122646.jpg





そして、期待の出会いも有った。
a0114629_16174262.jpg



この地域にキタキツネが何頭くらい生息しているかは、知る術も無いが、このところ良く見かける。
しかし、その殆どは近くても50m。あとは100m以上も遠くを歩いて居るのを眺めるだけで
写真として捉える事は、手持ちのレンズでは無理だ。
やはり、何度も通うしかチャンスを得る手立ては無いようだ。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-08 16:26 | 北海道の風景 | Comments(8)
2014年 02月 07日

夜明け前の静かな時間

どこまでも青く透き通った空に、白銀に光る雪原・・・・

目も開けて居られないほどに眩しい、そんな日中の眺めも北海道らしくていいのだが
私の好きな時間帯は、東の空が低く徐々に明るさを増して来る頃。
秒単位で辺りの風景が変化していく。
見えなかったものが少しずつ目に入ってくる。

鋭く輝く明けの明星が、段々とその明るさを落として行く。
時間の流れを、はっきりと感じられる。



農場の夜明け (拡大出来ます)
a0114629_11535255.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-07 10:24 | 北海道の風景 | Comments(6)
2014年 02月 05日

朝色 sanpo

久々に冷え込みましたね。
しかし、湿度の関係だろうか、霧氷の付きはイマイチでした。

東千歳、オレンジ色の朝陽となったのだが、またしてもポイントを絞れず・・・(-。-;)



朝色の丘
a0114629_152434100.jpg




a0114629_15251981.jpg




首輪をした犬が歩いていた。 
まるで、何処か目的地に向かっているかのように、道端の臭いなど嗅ぐことも無く一定の足取りで進んでいた。
毎朝の日課だろうか? (笑
a0114629_15283685.jpg


札幌市内ならば、即刻住民に通報され保健所行きとなるのだろうが
ここでは、犬も市民権を得ているのか、まるで自立しているようにも見える^^;

私が正面からレンズを向けていることに気づくと、一旦立ち止まり
脇の雪山を越えて、また真っ直ぐこちらに向かってきて、通り過ぎていった。

あまりにも、のどかな風景だ(笑


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-05 15:33 | 北海道の風景 | Comments(10)
2014年 02月 01日

猛吹雪

昔からよく言われる「雨返し」。

この時期に暖気が入り込み、季節外れの雨なんかが降ったりすると
その翌日は約束したように、寒波が襲来し大荒れの天気となる。

なんて思ってたら、既に1月が終わり2月なんですね!



31日の札幌中心部の様子。 車窓より(膝元にカメラ置いて、信号待ちで)

食事の帰りかな? サンダル履きのOL
a0114629_10464391.jpg




吹雪の母子
a0114629_10482913.jpg




a0114629_10552072.jpg



極端に視界が狭くなり、強風で前も向けず、呼吸さえもままならず
車はノロノロ運転、田舎道だと地吹雪による吹き溜まりで通行止め・・・・

色んな弊害が発生する猛吹雪だが、そんな状況は大体は半日から、長くても1日程度で落ち着く。
そして、そんな天気が嘘だったかの様に穏やかな青空が広がる。

人それぞれだろうが、私はそんなメリハリが好きで、これも雪国ならではの自然の恵みと思っている。
長い冬を越えて、暖かな春の風を向かえる・・・・
そんな楽しみを、猛吹雪はたったの1、2日で味わわせてくれるからだ。

ただ、自然の猛威は人間の想像以上の力を隠し持っている。
その事を肝に銘じておかないと、思いもよらない事故に合うことも事実。



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-01 11:11 | 北海道の風景 | Comments(12)