札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ

タグ:観光船 ( 2 ) タグの人気記事


2015年 07月 26日

道東ドライブ 4

観光船 続き

乗った船は、カムイワッカの滝で折り返すコース。 所要70分で確か3,240円
断崖絶壁に佇むオジロワシに出会えたことを含めば、高くは無い。
知床岬までのコースになると、船賃は倍以上になる。所要2時間ほどだろうか。

朝イチの便だった事もあって、沿岸では操業中の漁船が所々で見られた。
a0114629_1218428.jpg


まるで巨大な洞窟の中に居るように見える。
背後の壁面は、大きなスプーンで削り取られたような形に見え、
上部はオーバーハングになっている。
何千、何万年と言う年月を経ての、波による浸食だろうか。


a0114629_1226444.jpg


その絶壁は、100mを越える場所が続く。
世界自然遺産となって10年を迎えたが、ここの漁師たちは50年以上も前から
ここでその営みを続けて居るのだ。
多数仕掛けられた定置網は、秋鮭定置網漁の水揚げ量トップを維持していると言う。

漁師の番屋のみが存在するルシャ地区では、浜で作業をする漁師たちのすぐ横で
ヒグマ親子が餌を探して歩きまわる。
近い時は3mまで接近するという。
しかし、互いにその存在を気にすること無く、それぞれの仕事に集中する。
人間と野生生物との共生とは、人為的に短期間で作り上げるものではない。
互いに生きて行くために、人間は必要な範囲だけに留まり、
けっして生き物たちを脅かす事無く、そこに在るものを守って来たと言う事なのだ。

シリエトク(地の果て)は、訪れる度にその深さを感じる。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2015-07-26 12:51 | 北海道の風景 | Comments(6)
2015年 07月 25日

道東ドライブ 3

知床 観光船クルーズ カムイワッカの滝コース 2015/7/20

小型の船(定員60人)に、たったの四人までは良かったのだが、
デッキは8人ほどしか出られない。
しかも、椅子に座ることが条件。
なので、自由な体勢でレンズを構えることが出来ないのが残念だった。

そんな状況での、オジロワシとの遭遇!
a0114629_12182212.jpg

親子かな? 見えるでしょうか。 上にいるのが幼鳥です。

断崖絶壁が続き、人が歩いて行くことの出来ない場所に悠然と生きる野生です。
そして、低い位置の岩の一部は表面が滑らかになっています。
きっと、接岸した流氷によって気の遠くなるような時間を掛けて磨かれたのでしょう。

a0114629_12315877.jpg


進行方向の右手に岸が見える状態で、私は沖側にすわり、
岸側に座っている客の頭越し、または頭と頭の隙間から望遠での撮影だった。

a0114629_12321668.jpg


ヒグマには出会えなかったが、船からのオジロワシ遭遇は予想外だったので
自分への大きなお土産となった(^^)


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2015-07-25 12:26 | 北海道の風景 | Comments(4)