札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ

タグ:霧氷 ( 12 ) タグの人気記事


2016年 02月 07日

東千歳  サクラ咲く?

南北に長い日本列島。
南の地域では梅が咲いてるとか。

立春を過ぎたとはいえ、北海道はまだまだ冷えてます。
今朝の東千歳では、マイナス18℃くらいに感じた。
個人的には、今季最高の冷え込みを体感しましたね~。


冷えたサクラが咲きましたよ。
a0114629_1612473.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2016-02-07 16:13 | 北海道の風景 | Comments(3)
2014年 02月 08日

マイナス18度

北海道各地、今冬の最低気温を観測したようですね。
内陸の何処だかでは、マイナス30度以下ですよ。 私には未体験ゾーンです。

東千歳も、今冬最低かな? マイナス18度の予報通り、手足が痛くなった(*_*;
本日は、リンクを頂いているHinajii Yoshino様と現地交流でした。
いつもひとりですが、お付き合いを頂き、有難うございました。



今朝は霧氷は満開だったが、雲ひとつ無い快晴だった為に朝焼けとはならず
オレンジに染まる霧氷と雪原は見られなかった。

a0114629_16122646.jpg





そして、期待の出会いも有った。
a0114629_16174262.jpg



この地域にキタキツネが何頭くらい生息しているかは、知る術も無いが、このところ良く見かける。
しかし、その殆どは近くても50m。あとは100m以上も遠くを歩いて居るのを眺めるだけで
写真として捉える事は、手持ちのレンズでは無理だ。
やはり、何度も通うしかチャンスを得る手立ては無いようだ。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-02-08 16:26 | 北海道の風景 | Comments(8)
2014年 01月 19日

水辺の朝

東千歳を撮られている方々に刺激を受け、自分も行ってみた。

防寒着、防寒靴、カイロ、スノーシューと、完全武装!
気温は、途中の掲示板はー13度と出ていたが、立ち位置はー15度くらいではないだろうか。
思ったほどの気嵐が立たず残念だった。





a0114629_9204673.jpg

風に枝が揺れると、大雪かと間違えるほどに霧氷の結晶が舞い落ちてくる。

そのうち、本物の雪がモッサモサと降り出し、退散。
日中にロケハンしても、陽の昇る位置が特定できなければ意味が無い。
この立ち位置も、日の出は日々移動していくので、同じ場所からと言うわけにもいかない。
難しいね~~~!  また行こう!


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-01-19 09:30 | 北海道の風景 | Comments(8)
2014年 01月 15日

マイナス14度

夜明け頃の月景を・・・と思い、昨夜は気合を入れて寝たら、4:30に目覚めてしまった。
アラームより1時間早く。

と言えばカッコいいが、実は、腹が痛くなって(大)起きざるを得なかったのだ。
自分専用の1階のトイレは、暖房便座をoffにしてるので、この時期は座った途端に目が覚める(◎_◎;)

狙いの月は、双子の木の前に着いてカメラスタンバイOK! と同時に低い雲に隠れてしまった。
仕方なく、狙いを霧氷にと気持ちを切り替え、ポイントを探しながら夜明け待ち。

明るくなると共に、全ての枝を霧氷で着飾った木々が、360度の視界に入る。



a0114629_2122924.jpg



いつも悩む。
光を待ったほうが良いのか、探したほうが良いのか・・・・

渓流でイワナを追うなら、間違いなく次のポイントへと移動するのだが。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2014-01-15 21:09 | 北海道の風景 | Comments(8)
2013年 01月 24日

「霧氷」 って・・・

いや~今更ながらお恥ずかしい!
前の日記で頂いたコメントで、これはちゃんと知っておかなきゃマズイぞ!

って事で、調べてみました。


『霧氷』 とは・・・・(Wiki参照)

1、樹氷   
2、樹霜
3、粗氷

上記の3種類に分かれ、それをまとめて「霧氷」と呼ぶんですね~。知らなかった!( ̄ェ ̄;)

大体、風が弱く(無風に近い)冷えた朝に、木々の枝が白くなるのが樹氷
低地や河川、湖などの付近で良く発生しますね。
ほとんど真っ白に見えて、非常に脆い。 
撮影時、マクロで狙っている時に、誤って枝に触れたりすると簡単に落ちてしまう。
また、日が昇り直射日光が当たると、ハラハラと降り落ちて来る。この様子はキラキラ輝き非常に美しい。
そして、良く耳を澄ますと、その結晶が雪面に落ちる時には、微かに「シャリンシャリン」と聞こえるのだ。(実体験)

高地や風の強い時に出来るのが、粗氷らしいです。
で、樹霜は霜と同じ。 「昇華」の現象・・・・と有りましたが、理解するには難しい^^;




コレは樹氷なのだd(゚-^*)        ヾ(ーー )ォィ 偉そうに言うな!
a0114629_1016599.jpg


調べるきっかけを与えて下さった皆様、有難うございますm(__)m
[PR]

by jusokita | 2013-01-24 10:32 | 冬景色 | Comments(6)
2013年 01月 22日

朝に夕に

天気予報は信じてはならない。先ずは行くべし!

そう師匠から教えて頂きました。
確かに、過去にどれだけ裏切られ、悔しい思いをしたか^^;


夜明け前の空は曇り。予報も曇り。 そんなのかんけ~ね~!  古っ!

でも、当たりましたね~。 



青空が無いので青い屋根。
a0114629_2126148.jpg




元旦から続いた札幌の真冬日が、 「19日間で途切れた」 そうだが、
マスコミはどこもそんな表現をしていた。
そりゃ30日間も続けば、ネタとしては美味しいだろうね~。 
しかし、続いても有難くない市民は大多数なワケで、そういう表現はマズイでしょ。
まるで、新入幕力士の恐るべき連勝記録!って事でも無いんだし。

ただ、個人的な希望としては、ドカ雪は別として1月はそれらしく厳しい寒さであって欲しいと思うのです。
急に暖気が来ても、分厚い圧雪となっている道路はぐしゃぐしゃ、屋根からの落雪、雪崩の危険・・・・
意外に、弊害も多いものなのです。

冬は寒く! 夏は涼しく! コレがイイね~d(゚-^*)



凍る赤い農機具
a0114629_2137650.jpg







30分遅刻の夕景
a0114629_213812100.jpg


この場所での夕景撮影時に、偶然キタキツネが入ってくれたことが有った。
その写真は、PC誤操作によって失ってしまったので(過去日記の掲載だけ残った)
もう一度・・・・と期待しているのだが、そう都合良くは現れてはくれない。
[PR]

by jusokita | 2013-01-22 21:49 | 北海道の風景 | Comments(12)
2012年 03月 13日

3月の美瑛・3  12/3/11

輝く哲学?  はて・・・自分の哲学はあるのか(笑

日の出前にパッチワークの路から、パノラマロードへ移動。
あ~~~早くしないと陽が昇ってしまうじゃないか!

焦れば焦るほど道を間違え迷ってしまう。 な~に、昇るなら昇ればいいさ。
そんな感じでのんびりと脇見運転を楽しむ。

ところどころで止まって撮りながら進むうちに、哲学の木に辿り着いた。
そして、ちょうど日の出直前のタイミングウ~d(゚-^*)


               哲学の木
a0114629_20163537.jpg



少し傾き、考え事をしているような様子から、哲学・・・・と名付けられたそうな。
前夜の居酒屋のおかみさんは、「性格が曲がってるから・・・」と思っていたらしい(笑
人それぞれに色んな解釈をするもんですね。



               足跡
a0114629_2073374.jpg


キタキツネのモノだろうか。
一度沈み込んだ足跡は、雪解けと共に盛り上がって来るのだ。
実際は盛り上がるのではなく、踏み固められた部分は周りの新雪よりも解けるのが遅いために
この様な現象が起きる。 別に珍しくもないですね^^;



白金温泉方面へ移動中に、小川に沿って霧氷が付いていた場所見つけ、1時間ほど遊んだ。


               霧氷
a0114629_2013477.jpg




a0114629_20191249.jpg



ハラハラと降り注ぐのは雪ではなく、陽を受け自身の微細な重さを支えきれずに落ちる、霧氷の結晶。
この様子は、なんとも儚い命を見ているようでもあり、極上の美しさも感じる。
そして、耳を澄ますと、微かにシャリシャリ・・・・・・と音が聞こえるのだ。

春近しと言えど、まだまだ極寒の美瑛でした。



つづく・・・・・



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-03-13 20:29 | 北海道の風景 | Comments(2)
2012年 01月 21日

東千歳の霧氷 12/1/21

近頃、朝寝坊が続く。 なんたって冬休み状態だし。

朝にビシッと起きられないのは、疲れとか(無いけど)、寝不足とか・・・・・
そういう事ではなく、床に着く前に何を考えて居たかって事が大きく左右する。自分の場合は。

昨晩は、『霧氷』 の事が頭を埋め尽くしていたように思う。
朝に、窓を開けたら目の前の林が霧氷で真っ白~~~! って事だと嬉しいんだが
居住地の地形上、残念ながら自宅近隣では霧氷は見られない。



東千歳の霧氷
a0114629_17243274.jpg




a0114629_17305912.jpg




a0114629_17353114.jpg





にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-01-21 17:39 | 北海道の風景 | Comments(3)
2012年 01月 20日

冬の石狩

見渡す限り、雲ひとつ無い青空の一日だった札幌周辺。

ちょっと石狩方面へ走った。
サングラス無しでは、まともに目を開けられないほどに雪が眩しい!


何もない石狩の風景
a0114629_2046263.jpg




お昼を回っても、日陰の林では霧氷が残ってましたね。


a0114629_20483127.jpg



あ~~真っ白に朝日に輝く霧氷の林を撮りたいな~
[PR]

by jusokita | 2012-01-20 20:50 | 北海道の風景 | Comments(0)
2012年 01月 16日

冬の道東一人旅・7  帰り道 12/1/9

さすがに4泊も遊んでると、戻り道から横に逸れて・・・・・とは考えない(笑
このまま走れば、何時に札幌に着くかな~なんて予想ばかり繰り返す。

それでも、滅多に走らない道だから車窓からの風景や、道端に見えるものは気になるのだ。



本別海から内陸の別海市街までの道沿いに、「気になる木」 が有る。
去年も撮ったが、データを無くしてしまったので、いちおう撮った。



         気になる木
a0114629_21295961.jpg




小さな川では、その付近の木々が霧氷で真っ白になっていて、そこに朝陽が当たり
解けて落ちる結晶が、まるで雪のようにキラキラと光り、とてもキレイだった。
スノーシューを履いて、少し歩いた。


a0114629_21445886.jpg




a0114629_21513275.jpg




国道241号線・阿寒横断道路からの、雄阿寒岳(手前)と雌阿寒岳(奥)の眺め  〈拡大可)
a0114629_21575148.jpg



4泊一人旅の締めくくりに、阿寒の美しい山も眺めることが出来、このあとは思い残すこと無く
札幌へとひた走った。

鶴居のタンチョウ、晴天の知床の山並み、そして一本松とオジロワシ。
どれも初めて自身の目で見ることが出来、写真にまで収められたのは本当に幸運なことだと思った。
そして、撮影に向かうには目的意識、テーマをしっかりと持っていないと、撮れるものも撮れない
見つかるものも見つけられない、そして、足も体も動かない・・・・そんなことが感じられた。

たとえ初めての土地や場所でも、自分の向いてるその先に何が有るのか、思いを巡らせ
予測することが撮影には大事な事だとも知った。


冬の道東一人旅、おしまい(^^)



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2012-01-16 22:14 | 北海道の風景 | Comments(2)