札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 19日

厚別南緑地

久々にカメラ担いで裏山を歩いた。

「厚別南緑地」。

緑地の真ん中をサイクリングロードが貫き、分断された林は広葉樹と針葉樹の植生域が
ハッキリと分かれていて、それぞれに見られるきのこが違う。

広葉樹の下には、散発的ではあるがナラタケがあちこちに出ていた。
そして、針・広ともに多く出ていたのは、タマゴタケ。


テングタケ科・タマゴタケ (優秀食菌)
a0114629_20201967.jpg



a0114629_20211461.jpg



毒きのこと間違われ、蹴飛ばされてる事が多いきのこ。
まあ、色形からして仕方が無いとも言える(笑

しかし、同じテングタケ科には、タマゴテングタケ、タマゴタケモドキ、ベニテングタケなど
タマゴタケに似た毒きのこが多いので、採取には注意が必要だ。

「きのこって、良く分かんないけど採って食べてみたいな~」と考える初心者の人は
先ずは図鑑を手に入れて、ごく一般的な人気きのこに狙いを絞ったほうが良いだろう。
例えば、ハナイグチ(ラクヨウ)、シイタケ、ナラタケ(ボリボリ)、ムキタケなど。
ただ、図鑑で見るのと実際に山で見るきのこは、その容姿が違って見える事も少なくない。

きのこに詳しい人と一緒に山に入るのが安全だろう。
そして、採取したものが自身で確実な判別が出来ない場合は、「捨てる」事が大事。
もったいない・・・・などと考えてはいけないのだ。

それ以前に、「不明は採らない」 のが正しい。


テングタケ科・シロオニタケ (食毒不明)
a0114629_2051655.jpg



これから約1ヶ月間は、秋のきのこ最盛期となる。
「食」 を目的とせずとも、きのこ観察だけでも楽しい里山歩きが出来る。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
[PR]

by jusokita | 2011-09-19 20:57 | 裏山の四季 | Comments(2)
Commented by Mr_Futchan at 2011-09-19 22:48
久しぶりにキノコのオンパレード、
満腹となりました。ごちそうさま!

来月には、また出張で北海道へ足を伸ばせそうです。
Commented by jusokita at 2011-09-19 23:31
> mr_futchanさん
夏の間は、蒸し暑さとヤブ蚊攻撃が辛くて、あまり山には入っていませんでした。
今回も、蚊取り線香をぶら下げての裏山歩きです。
今日は、ナラタケとアブラシメジを味噌汁1杯分だけ採ってきました。

来月の北海道出張は、どちらまでですか?
もう寒いですから、温かい服装でねd(゚-^*)


<< 東千歳・パレットの丘      秋模様 >>