札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ

2009年 02月 19日 ( 1 )


2009年 02月 19日

冬の支笏湖

愛しのIXYが入院しました。

ちょっと酷使しすぎたか、液晶画面に変な影が映りこむ症状が出た。
レンズの汚れ? 内部にホコリ?  どうやらそうでもないようだ。
撮影、再生画面ともに、ズームや拡大再生しても同じ場所に同じ形で現れる。

しばしお別れの前に、支笏湖まで行って来た。
天気はまあまあだったが、目まぐるしく雲の様子が変わった。


a0114629_037283.jpg


支笏湖は凍らない湖。 水深363m。 透明度17.5m。
東京タワーがズボッと沈んでしまう、と表現すればその深さがイメージ出来るだろう。
その深さゆえに凍らないのである。 冷気によって冷やされた水面近くの水と、それよりも温度の高い中~下層部の水が比重の関係で常に対流を発生させる。 その逆を考えれば、真夏でも湖底の水温は相当に低く保たれているという事だろう。


a0114629_0324123.jpg


湖から一望できる恵庭岳。 湖の北西に位置する。
札幌オリンピックの時は、この山の斜面にアルペン競技男女滑降コースが造成された。 それだけの為に木を伐採して作られたのだが、その当時、オリンピック終了後に植樹すれば50年後には元に戻るとされた。 
36年経って果たしてどうなのか。
          

a0114629_0344155.jpg


波打ち際の岩や倒木には氷が付いていた。 食べられそうなほどキレイな氷を見てると、嫌な事も忘れ、つい現実から離れてしまい、いつまでも見入ってしまった。
[PR]

by jusokita | 2009-02-19 00:38 | 冬景色 | Comments(2)