札幌発 ・ け~ぞの季節日記

beat14328.exblog.jp
ブログトップ

2009年 02月 28日 ( 1 )


2009年 02月 28日

裏山公園に訪れる春

自宅のすぐ近くには 「厚別南緑地」 という小さな山がある。
そこにある公園はは、たまに犬連れの人が散歩に来る程度で、日中もほぼ無人だ。 私は毎朝の犬の散歩で週に1,2度ここに来る。 その都度、何かを見つけてはシャッターを切る。

a0114629_84547100.jpg


公園へと続く坂道にある木製のフェンス。 公園造成当時からの物であろうと思われ、相当に朽ちている。
昨年の暮れにスチールフェンスに取り替えられた。 いい味を出していたのにちょっと残念だったが、安全のためには止むを得ないだろう。

真冬の積雪時期になろうとも、かならず踏み跡が付いている。 大雪が降った後の一番乗りは大変だ。 それでも後から歩く人は歩きやすいように少しずつ雪を踏みつけて行く。

a0114629_8524295.jpg



公園中央には二つの東屋が建つ。 鉄の支柱にFRP製の屋根は少し味気ない。
暖気と共に屋根に積もった雪から滴る水滴は小さな氷柱を作る。 少しずつ春が近づいているのが感じられる

a0114629_8533267.jpg




裏山には縦横に遊歩道が巡っている。 その道の脇では四季それぞれにその『色』を見せてくれるのだ。
急斜面の道を降りると、木の根元の崩れとなって地肌を現したところには、細い木の根から垂れる水滴を、一滴も逃すまいと苔が綺麗な緑を光らせていた。

a0114629_924572.jpg



せいぜい500m四方程度の裏山だが、樹木も野草も、そしてきのこも生き生きとして季節を表現している。
これからは日にひに春の匂いが強くなっていく。 この先も裏山の四季を撮り続けて行こうと思う。
[PR]

by jusokita | 2009-02-28 09:10 | 裏山の四季 | Comments(4)